オリオン座流星群2017の仙台の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ

年を追うごとに多くの人が夜空を眺めるために集まる、オリオン座流星群。
秋の季節になると、ネット上では必ず「今年はくもって見れなかった……」といった声が上がっているのを確認できますが、今年は非常に見やすい年との発表がありますよね。

今回は、仙台でオリオン座流星群を見るための情報についてまとめていきました。見頃や時間についてなど、穴場スポットとともに見ていきましょう!

スポンサーリンク

2017年のオリオン座流星群のピークはいつから?

国立天文台の情報によれば、2017年の流星群ピークである「極大」を迎えるのは10月21日の20時頃とされています。
仙台市天文台の公式ホームページにも、同じことが書かれているので、全国とほぼ同じだと考えて大丈夫です。

10月21日の夜から22日の明け方にかけて、オリオン座流星群の極大を迎えます。
(中略)
今年は、極大となる10月21日の夜に月が見えないので、月明かりに邪魔されることなく流れ星を楽しむことができ、1時間に15個ほど流れると予想されています。

なぜ今年は観測状況がいいのかってことも、書かれています。オリオン座流星群がくる日は夜に月が見えなくなるから、明かりが少なくなって見やすくなる……と言われているんです。

月がない夜って、なんか不思議(´・ω・`)

流星がくる期間だけで考えれば、10月2日~11月7日の約1ヶ月間は観測が可能です。ただピーク時と比べると、流星の数は確実に少なくなってしまうんですよね。
できれば「極大」がくる日に観測できるよう、準備しておきましょう。

仙台(宮城)での観測に最適な方角

よく「オリオン座流星群を見るためには、東の空を見たほうがいい」と解説されているサイトが見受けられますが、これは間違い。基本的にはどの方角からも観測することは可能です。

特に仙台のような「都市部が明るい」地域だと、夜でも街から放たれる光が尋常ではありません。最初から「東の空だけ見上げていよう!」として方角を定めてしまうと、簡単に見失ってしまいます。

仙台市天文台でも紹介されているように、寝転がって空全体を眺めるような場所をさがして観測するのが一番です。

また、流星群は放射点を中心に全天に流れるので、放射点のある星座の方を見ているだけではいけません。寝転がって空全体を眺めるようにしましょう。

スポンサーリンク

仙台(宮城)でオススメの穴場スポットは?

天体観測を行うために必要である"鉄板の場所"の原則は、以下の通り。

  • 街の明かりがこない、真っ暗な場所
  • ある程度、他より高いところ
  • できるだけ視界が広い

これに沿った場所を選んでいくようにすれば、仙台駅中心から行くようところであっても観測することが可能になります。
まあ、要は街明かりのない所に行け!ってことですね。

この記事では、仙台市近郊から車で行けるオススメの穴場スポットについて紹介します。

泉ヶ岳

スキー場からも近い、泉ヶ岳。定番のスポットなので人は多いですが、やはり夜空を眺めるのにいい場所であることに違いありません。

駐車スペースも広く、ここから観測することも可能なので、車で行く人にとっては絶好のスポットになりますね。

住所:宮城県仙台市泉区福岡岳山
アクセス:仙台市中心街から車で約45分(国道457号線 経由)

七北田ダム

上記の泉ヶ岳に行く途中にある、七北田(ななきた)ダム。その近くにある展望公園が、星の観察スポットとして挙げられます。

周囲が暗い道が続くので、天体観測できそうな場所を探りながら行けるのもポイントですね。

住所:宮城県仙台市泉区福岡
アクセス:仙台市中心街から車で約35分(県道264号線 経由)

また、釜房湖周辺にある釜房ダムもよさそうです。中心街から車で30分ほどで行くことが可能なので、そこまで遠くに行きたくない!って人にもおすすめできます。

海の見える丘公園

夜空も夜景も楽しむことができることでオススメなのが、名取市にある「海の見える丘公園」です。
夜景の光を一望できる場所がある一方で、奥の方ではゆっくり夜空を鑑賞できる"オイシイところ"だけを取ったスポットとなっています。

アクセスもいいので、車でちょっと行きたい!って人に良いですね。

住所:宮城県名取市ゆりが丘5丁目100
アクセス:仙台市中心街から車で約30分(国道286号線 経由)

愛島台中央公園

こちらも名取市にある公園です。
周囲より高い位置にあるにも関わらず、かなり開けた場所にあるため、観測するにはもってこいの場所になります。

県南の方に住んでいるor南の方向からくる人に良さそうです。

住所:宮城県名取市愛島台2丁目15-15
アクセス:仙台市中心街から車で約40分(県道39号線 経由)

栗駒高原・いわかがみ平

仙台市からかなり離れてしまいますが、県内で星空を眺めるなら"最高の場所"と言われているのが「くりこま高原」。
標高の高さと仙台市からの距離のバランスが良く、仙台市中心からでも「頑張れば行ける」くらいの場所にあるのが特徴ですね。

時間に余裕のある人は、行ってみることをオススメします。

住所:宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東
アクセス:仙台市中心街から車で約2時間(東北自動車道 経由)

まとめ

オリオン座流星群が仙台市とその周辺で見れるスポットなどについて、情報をまとめていきました。
流星群が近づく日時は10月21日の20時ごろ。土曜日なので、場所を確実にとっておきたいなら早めの行動をすることが望ましいですね。

関東や関西と比べて、夜は尋常じゃないくらい冷え込みます。防寒着対策をバッチリ行ってから、現地に向かうようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベントの関連記事
  • お年玉2018年の5歳の相場はいくら?平均や今どきの金額を調査!
    お年玉2018年の5歳の相場はいくら?平均や今どきの金額を調査!
  • 成人式の振袖レンタルの相場はいくら?購入との違いや利用割合を比較
    成人式の振袖レンタルの相場はいくら?購入との違いや利用割合を比較
  • クリスマスケーキ2017のおすすめコンビニは?値段や種類で独自に比較!
    クリスマスケーキ2017のおすすめコンビニまとめ!値段や種類で比較
  • オリオン座流星群2017の大阪の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017の大阪の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
  • オリオン座流星群2017の仙台での見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017!全国の穴場スポットや時間・方角まとめ
  • オリオン座流星群2017の仙台の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017の仙台の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ

中の人のつぶやき

おすすめの記事