2月に使える時候のあいさつの文例をご紹介します。

ビジネスシーンで使えるフォーマル(改まった)表現と、友人などに使えるカジュアル(くだけた)表現の2種類をまとめました。

それぞれ旬ごとに使い分けながら、メッセージの参考にしてください。

2月上旬

時候の表現(漢語調の言葉)

立春、早春、向春、季冬など

フォーマルな表現

  • 立春の候、暦の上では春とはいえ、寒さの厳しい日が続いております。
  • 向春の候、早咲きの紅梅一輪に、一層春が待ち遠しくなってまいりました。
  • 季冬のみぎり、春の訪れを待ちかねたのか、早くもうぐいすの声が聞かれるようになりましたが……
  • 豆まきも終わり、春の訪れを待つばかりとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 立春を過ぎてなお余寒の厳しい今日このごろですが、つつがなくお過ごしでいらっしゃいますか。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、このところ日が長くなったように思えます。
  • 節分も過ぎまして、ようやく春の暖かさが感じられる頃となりました。

カジュアルな表現

  • 立春とは名ばかりの、厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上では春立つとはいえ、寒さ厳しい毎日です。
  • 相変わらずお寒い日々が続きますが、お変わりありませんか。
  • 寒気冴え渡り、このところ外出も控え気味です。
  • 梅の便りもチラホラと聞かれるようになりました。
  • 昨日は節分で豆まき氏、福をたくさん呼び込みました。
  • お互い受験生の親、今年はひときわ春が待たれますね。

2月中旬

時候の表現(漢語調の言葉)

残雪、晩冬、余寒、春寒、残寒など

フォーマルな表現

  • 晩冬の候、寒が明けてもなお底冷えする毎日ですが、いかがお過ごしですか。
  • 余寒の候、残雪から顔を出したふきのとうに、春が近いことを教えられました。
  • 春寒のみぎり、入学試験シーズンで、受験生たちの姿をよく見かけるようになりましたが……
  • 残寒なお厳しい日が続いておりますが、皆様お風邪など召されておりませんでしょうか。
  • 霜柱、薄氷……都会ではめったに見られなくなりました。
  • 春一番に吹かれて冷気が少し薄まり、かすかに春の足音が聞こえてまいりました。
  • 我が家の娘達は、今年もバレンタインデーの贈り物選びにはしゃいでいますが……

カジュアルな表現

  • 厳しい寒波の襲来で、また冬に戻った気がしますね。
  • 暖冬とは聞くものの、寒さが毎年骨身にしみます。
  • 寒さの中にも陽の光に春を感じる、今日このごろです。
  • せっかくの梅見月、梅の名所を訪ねてみたいですね。
  • 少しづつ日足が伸びて、春の近さを感じさせます。
  • 朝晩の犬の散歩も、いくらか楽になってきた気がします。
  • 今年こそはと思いつつ、結局義理チョコばかりの私です。

2月下旬

時候の表現(漢語調の言葉)

解氷、浅春、梅花、軽暖、寒明けなど

フォーマルな表現

  • 浅春の候、長かった冬もようやく終わり、解氷の兆しが見られる頃となりました。
  • 梅花の候、清らかに咲く白梅を見て、心洗われる思いがいたしました。
  • 解氷のみぎり、寒暖を繰り返す時期になってまいりましたが、……
  • 満開の白梅の香りを運ぶ風が、春到来の便りを届けてくれました。
  • 三寒四温と申しますが、日ごとに寒さが緩んできております。
  • 桃の節句が近づきましたのに、朝晩にはまだ寒さが残りますね。
  • 受験祈願の絵馬に梅が散りかかるのも、季節ならではの風情です。

カジュアルな表現

  • 桃の節句も近いのに毎日この寒さ、春が待たれますね。
  • 寒さも和らぎ、日差しも春めいて、だんだん心まで軽く感じられます。
  • 思いがけない春雷に、庭仕事を中断して空を見上げました。
  • バスを待つ朝の道にも、春の気配を感ずるこの頃です。
  • 春近し、雪解けのぬかるみを歩くのも心楽しい日々です。
  • 梅のふくよかな香りが、春を運んできてくれました。
  • 受験もやっと終わり、お互いにやっと春がまいりましたね。

中の人のつぶやき

こちらもチェック!