4月に使える時候のあいさつの文例をご紹介します。

ビジネスシーンで使えるフォーマル(改まった)表現と、友人などに使えるカジュアル(くだけた)表現の2種類をまとめました。

それぞれ旬ごとに使い分けながら、メッセージの参考にしてください。

4月上旬

時候の表現(漢語調の言葉)

桜花、清和、春爛漫、春暖、花冷えなど

フォーマルな表現

  • 陽春の候、花冷えのする日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 桜花の候、桜前線が足早に北上しているようですが、お元気でいらっしゃいますか。
  • 花冷えのみぎり、一枚重ね着しながら夜桜見物です。
  • 桜の花もほころび、いよいよ春本番となってまいりました。
  • このところ花冷えの日が続きますが、皆様お変わりありませんか 。
  • 親を呼ぶ軒先のツバメの子の声に、春を感じております。
  • ご家族が門出の時を迎えたとお聞きしておりますが、皆様ますますご壮健のこととお喜び申し上げます。

カジュアルな表現

  • 春の風が心地よい季節となりましたが、お元気でお過ごしですか。
  • 春風に誘われて、外出の機会も多くなりました。
  • 入学シーズンとなり、初々しい新入生の姿を見かけ、微笑ましく思います。
  • 桜の樹の下で桜餅をほおばり、心もお腹も春を満喫しています。
  • 絶好の桜見物の季節となり、さっそく宴会を行いました。
  • 卯月にふさわしく、プランターの花々が開くのが楽しみな春です。
  • 4月というのにこの寒さ、桜も咲く時期に迷っているようです。

4月中旬

時候の表現(漢語調の言葉)

春風駘蕩、春陽、春麗、春日華麗、仲春など

フォーマルな表現

  • 春日華麗の候、春たけなわの好季を迎えましたが、お元気でいらっしゃいますか。
  • 仲春の候、春風が肌に心地よい季節になりましたが、ご機嫌麗しくお過ごしでしょうか。
  • 春和のみぎり、都会でも色とりどりの花が路傍に咲く季節になりましたが、……
  • 山々の雪も溶け、窓の外には春の暖かい風景が広がっています。
  • 街はすっかり葉桜となりましたが、そちらの見頃はそろそろでしょうか。
  • 花吹雪とともにさる春が惜しまれる時期となりました。
  • 桜の潔さ、今年も学べずに相わからず未練の多い毎日です。

カジュアルな表現

  • 春雨が降り続いていますが、体調など崩されてはいませんか。
  • あっという間に花の盛りは過ぎ、新緑がまぶしい季節となりました。
  • 南からの海風に触れたくて、春の海岸まで足を運んできました。
  • タンポポやツツジの花がいっせいに咲き始めました。
  • 三日見ぬ間の桜という今日このごろですが、お花見は楽しまれましたか。
  • 水面におたまじゃくしの群れが泳ぐころとなりました。
  • のどかな春日の中で、子供と遊ぶのも楽しい季節です。

4月下旬

時候の表現(漢語調の言葉)

麗春、晩春、惜春、春宵、暮春など

フォーマルな表現

  • 晩春の候、山笑う季節となりましたが、皆様におかれましてはご壮健のこととお喜び申し上げます。
  • 惜春の候、穀雨が過ぎ、田や畑も春色に潤ってまいりました。
  • 暮春のみぎり、華やかな八重桜が満開となっておりますが、皆様ご清祥にお過ごしのことと存じます。
  • 一段と暖かくなり、日中は汗ばむほどの陽気です。
  • 新年度の慌ただしさもようやく落ち着いてまいりましたが、……
  • いつしか新緑の季節となり、時の移ろいの早さに驚かされるこの頃です。
  • 春を告げる鳥たちの初音が、今は春を惜しんで大合唱です。

カジュアルな表現

  • うららかな春の訪れとなりました。
  • 暖かい日に、庭の土をならして花の種を蒔きました。
  • ゴールデンウィークのご予定はもう立てられましたか。
  • 4月も終わりに近づきましたが、新しい環境に慣れた頃でしょうか。
  • 春も深まってきて、森の緑も徐々に濃くなってきました。
  • 街路樹の若葉が風にそよいで、心地よい季節になりました。
  • 電車の窓から見える菜の花畑に、晩春の愁いを感じる昨今ですが……

中の人のつぶやき

こちらもチェック!