7月に使える時候のあいさつの文例をご紹介します。

ビジネスシーンで使えるフォーマル(改まった)表現と、友人などに使えるカジュアル(くだけた)表現の2種類をまとめました。

それぞれ旬ごとに使い分けながら、メッセージの参考にしてください。

7月上旬

時候の表現(漢語調の言葉)

向暑、小暑、盛夏、梅雨明けなど

フォーマルな表現

  • 向暑の候、海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました。
  • 盛夏の候、長引く梅雨はまだ明けませんが、お元気でいらっしゃいますか。
  • 梅雨明けのみぎり、七夕の笹飾りが夏の風に揺れてさやさやと音を立てています。
  • 小暑が過ぎ、いよいよ日差しが強く夏らしくなってまいりましたが、皆様お変わりないでしょうか。
  • 長かった梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日このごろです。
  • 雨に現れた木々の緑が一層濃くなってまいりました。
  • 朝顔市、ほおずき市、7月ならではの趣ある行事が続きます。

カジュアルな表現

  • 一向に梅雨の明ける気配を感じません。この長雨はいつまで続くのでしょうか。
  • 七夕の短冊に願い事をしたのを懐かしく思い出す今日このごろです。
  • いよいよ山開きとなりましたね。夏恒例の登山会に向け、トレーニングをはじめました。
  • 暑さが日増しに強くなり、寝苦しい夜も増えてきましたが、皆様お加減はいかがでしょうか。
  • 本格的な夏となり、いよいよビアガーデンが恋しくなる季節ですね。
  • 梅雨が明けたとたんにこの暑さ、体が戸惑っています。
  • 戻り梅雨でホッと一息、これでまた暑さを乗り切れるでしょう。

7月中旬

時候の表現(漢語調の言葉)

仲暑、猛暑、真夏、酷暑、厳暑など

フォーマルな表現

  • 仲暑の候、朝顔のつるが元気よく伸びる夏の盛りとなりましたが、皆様つつがなくお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 猛暑の候、うだるような暑さが続いておりますが、……
  • 厳暑のみぎり、近所から風鈴の音が心地よく聞こえる今日このごろです。
  • 戻り梅雨なのでしょうか。どんよりとした雲がここ数日空を覆い、気分の晴れない日々が続いております。
  • 酷暑ますます勢いづくこの頃、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 日の暮れかかる頃には、夕顔が白い花を咲かせる季節となりました。
  • 近年にない涼しさで、名続きの私としては今ひとつ物足りない気がします。

カジュアルな表現

  • 夏はまだ始まったばかりだというのに、うだるようなこの暑さに早くも音を上げています。
  • 暑さ本番、いよいよ大好きな生ビールの季節となりましたね。
  • 夏真っ盛りとなりました。暑い暑いといいながらも、子どもたちは元気よく遊び回っています。
  • せわしなくなく蝉の声に、朝早くから目が覚めてしまいました。
  • 今年は零下とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。
  • マリーゴールドの鮮やかさが、夏にはよく似合います。
  • 夕顔の花が静かに咲く、夏の夕方が好きです。

7月下旬

時候の表現(漢語調の言葉)

灼熱、炎暑、大暑、驟雨(しゅうう)、三伏など

フォーマルな表現

  • 大暑の候、一層暑さが厳しくなりましたが、いかがおしのぎでしょうか。
  • 炎暑の候、今朝は池の睡蓮が静かに花を開くのを眺めておりました。
  • 驟雨のみぎり、蝉しぐれがますますにぎやかになってきた今日このごろです。
  • 暑さいよいよ厳しき折、お子様との夏休みをいかがお過ごしですか。
  • 酷暑の日々、出不精の私も、さすがに涼を求めて都会を脱出したくなりました。
  • 夏祭りのお囃子がどこからか聞こえてきそうな季節となりました。
  • 夕立のあとの涼風が心地よい日々が続いております。

カジュアルな表現

  • こう暑い日が続くと、涼を求めてプールや海などの水辺ばかりへ足が向いてしまいます。
  • 梅雨が明けたら一気に暑くなりました。本格的な夏の到来ですね。外出には帽子と日傘が欠かせません。
  • 土用のうなぎを食べて、猛暑に打ち勝つパワーをつけています。
  • ふるさとの夏祭りが懐かしく思い出される季節となりました。
  • 夏休みに入り、子どもたちが元気に遊ぶ声が聞こえるようになりました。
  • 炎天下にひまわりの花がたくましく咲いています。
  • 帰り道にゲリラ豪雨に襲われ、ショッピングセンターで雨宿りをしてきました。

中の人のつぶやき

こちらもチェック!