8月に使える時候のあいさつの文例をご紹介します。

ビジネスシーンで使えるフォーマル(改まった)表現と、友人などに使えるカジュアル(くだけた)表現の2種類をまとめました。

それぞれ旬ごとに使い分けながら、メッセージの参考にしてください。

8月上旬

時候の表現(漢語調の言葉)

残暑、残夏、暮夏、立秋など

フォーマルな表現

  • 残暑の候、8月に入り、日差しもひときわ強く照りつけるようでございます。
  • 暮夏の候、遠くから聞こえる花火の音に盛夏の趣を感じております。
  • 残夏のみぎり、土用明けの暑さ厳しい頃ですが、皆様お変わりありませんか。
  • 時折古い知人のアメがもたらす涼に、身も心もほっといたします。
  • 立秋とは名ばかりの酷暑が続きますが、今がピークでしょうか。
  • 夏の空に大輪のひまわりがたくましく顔を向けております。
  • 「雷雨沛然(らいうはいぜん)として至り」という言葉がピッタリの、今日の午後の夕立でした。

カジュアルな表現

  • 青空に真っ白の入道雲が輝いて、絵に書いたような夏そのものです。
  • まもなく立秋ですが、この蒸し暑さはいつまで続くのでしょうか。
  • 暑気あたりでやや夏バテ気味です。
  • 夏祭りで賑わう今日このごろ、ご家族で楽しんでいらっしゃることでしょうね。
  • 今夜は熱帯夜と言われても、驚かなくなってしまいました。
  • ゴミ捨てでさえ日陰を求めながら移動するこの頃です。
  • 高原の涼しさをパックにしてお送りしたい気持ちです。

8月中旬

時候の表現(漢語調の言葉)

避暑、晩夏、納涼、立秋など

フォーマルな表現

  • 避暑の候、殊の外辛い残暑に滅入る頃、皆様ご機嫌はいかがでしょうか。
  • 晩夏の候、あれやこれやの納涼の試みも、この猛暑には太刀打ちできません。
  • 納涼のみぎり、残暑厳しき折ですが、……
  • 暦の上では立秋を迎え、秋の涼しさが待ち遠しい今日このごろでございます。
  • 立秋と花ばかりの暑さに辟易としておりますが、皆様にはお元気でお暮らしのことと拝察いたします。
  • お盆休みには、ご家族お揃いで楽しくお過ごしのことと存じます。
  • 原爆記念日、終戦記念日、何年経っても哀しい式典ですね。

カジュアルな表現

  • 厳しい残暑に疲れが溜まっている頃ですが、お元気でしょうか。
  • 真夏日とはそろそろお別れしたいところですが、残暑はそう簡単に去ってくれませんね。
  • 照りつける太陽から逃げ、涼しい田舎に一週間ほど滞在することにしました。
  • お盆も過ぎて、朝夕はずいぶんしのぎやすくなりました。
  • 夏の高校野球、今年もあの感涙をもう一度味わいたい思いです。
  • 夕暮れ前の風の涼しさに、夏の終わりを感じる今日このごろです。
  • 百日草の強さを見直す真夏の昼です。

8月下旬

時候の表現(漢語調の言葉)

秋暑、早涼、処暑、晩夏など

フォーマルな表現

  • 早涼の候、暑さが和らいだ星月夜(ほしづきよ)を見上げ、ふと秋の気配を感じております。
  • 秋暑の候、燃え盛る夏の日差しも、ようやく和らいできたようです。
  • 晩夏のみぎり、秋の気配が空の青差にうっすらと現れるようになりました。
  • 処暑を過ぎて日に日に秋めいてまいりましたが、皆様無事にお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 暦の上では処暑を迎えたとはいえ、なお夏の名残の厳しい暑さがとどまっているようです。
  • 残暑も峠を越え、もはや秋の訪れを待つばかりとなりました。
  • 賑わった海はもう土用波、静かな浜辺に戻ります。

カジュアルな表現

  • それぞれの心に思い出を残して、夏もいよいよ終わりですね。
  • ようやく熱帯夜から解放され、夏も終わりに近づいています。朝晩は少し過ごしやすくなってきました。
  • 気がつけばうんざりした暑さは無くなり、心地よい初秋の風に吹かれて爽快な気分です。
  • 夕方の涼しげな風が、秋蝉の声を運んできます。
  • 熱中していた高校野球が終わり、和らいだ蝉しぐれに去りゆく夏を感じています。
  • 毎年、夏の終わりは宿題とひぐらしの声の競争です。
  • セミと交代で虫の音が秋を告げているようです。

中の人のつぶやき

こちらもチェック!