10月に使える時候のあいさつの文例をご紹介します。

ビジネスシーンで使えるフォーマル(改まった)表現と、友人などに使えるカジュアル(くだけた)表現の2種類をまとめました。

それぞれ旬ごとに使い分けながら、メッセージの参考にしてください。

10月上旬

時候の表現(漢語調の言葉)

秋涼、秋晴、秋麗、秋雨など

フォーマルな表現

  • 秋晴の候、ひんやりとした秋気が心地よくなってまいりましたが、皆様つつがなくお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 秋麗の候、涼やかな秋空のもと、お健やかにお過ごしのことと思います。
  • 秋雨のみぎり、て高く清々しい季節となりましたが、皆様ご壮健のこととお喜び申し上げます。
  • 雲ひとつなく晴れ上がり、何をするにも心地よい季節です。
  • 稲田は黄金色に波打ち、まさに収穫の秋となりました。
  • 街路樹の木々も色づいてまいりました。いかがお過ごしでしょうか。
  • 隣家の金木犀(キンモクセイ)の香りが、ほのかに漂う秋となりました。

カジュアルな表現

  • 澄み切った秋晴れの下、運動会のにぎやかな歓声が聞こえてきます。
  • 高原では早くも紅葉が見ごろとなり、秋の行楽シーズン真っ盛りです。
  • このところ朝夕はやや冷えて肌寒くなってまいりましたが、お元気ですか。
  • 暑からず寒からずの過ごしやすい季節になりました。
  • 小春日和に心が和む、今日このごろです。
  • 秋の香りの松茸を、今年は食べられるでしょうか。
  • めっきり気温が低くなり、セーターがほしいくらいの寒さですね。

10月中旬

時候の表現(漢語調の言葉)

錦秋、仲秋、長夜、菊花など

フォーマルな表現

  • 錦秋の候、秋色も徐々に深まってまいりましたが、紅葉はまだまだ先のようです。
  • 仲秋の候、秋霧立つ頃となりましたが、皆様ご健康にお暮らしのことと存じます。
  • 長夜のみぎり、銀杏の葉も黄金色に変わってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 澄んだ秋晴れの日が続き、今年は十三夜が楽しみです。
  • 美しく野山が色づく頃になりましたが、そちらの紅葉はこの上なく格別のことと拝察いたします。
  • 街路樹の葉が散り始めており、少し寂しさも感じます。
  • 収穫の秋、流した汗が稲穂に実る農業のあなたが羨ましくなる季節です。

カジュアルな表現

  • 群れ飛ぶ赤とんぼを見ていたら、体を動かしたくなりました。
  • 「スポーツの秋」ですが、ゴルフの腕前は上がりましたか。
  • 日の入りが早くなってきましたね。長い夜を楽しもうと思い、編み物を始めてみました。
  • 紅葉狩りの季節です。ご家族でどこかへ行かれたのでしょうか。
  • 10月も半ばを過ぎ、涼しさは肌寒さに変わってしまいました。
  • すすきの穂が白く輝き、秋の風情を感じています。
  • 初霜の便りが聞かれるこのごろ、そちらはもう冬支度でしょうか。

10月下旬

時候の表現(漢語調の言葉)

紅葉、朝寒、寒露、秋天など

フォーマルな表現

  • 秋天の候、紅葉が目に鮮やかに映る季節となりました。
  • 寒露の候、身も心も澄み渡る時節となりましたが、ご機嫌いかがでしょうか。
  • 紅葉のみぎり、柿の実が熟れはじめる時節となりましたが、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 日増しに秋も深まり、朝夕は肌寒く感じます。
  • 寒さがしだいに募り、吹く風にも秋色の濃さを感じる頃となりました。
  • 日ごとに寒さが増し、冬の足音が聞こえるようですが、皆様ご清祥びことと存じます。
  • 御地の紅葉忘れがたく、去年を思い出して、急にお便りしたくなりました。

カジュアルな表現

  • いつしか秋も深まり、ケヤキ並木も色づいてきました。焼きいもが恋しいシーズンです。
  • 街のあちこちで、ハロウィンの楽しい飾り付けを見かけるようになりました。
  • 秋もいつしか深まって、熱い緑茶がことのほか美味しく感じます。
  • 秋を迎えて、まろやかなひやおろしで乾杯する長夜となっています。
  • 野山も人も冬支度を始める頃ですが、皆さんお元気でしょうか。
  • 北国からは初雪の便りも聞かれ、とたんに肌寒さを感じるこの頃です。
  • 秋風が心にまでしみて、柄にもなく感傷的な気分になっています。

中の人のつぶやき

こちらもチェック!