12月に使える時候のあいさつの文例をご紹介します。

ビジネスシーンで使えるフォーマル(改まった)表現と、友人などに使えるカジュアル(くだけた)表現の2種類をまとめました。

それぞれ旬ごとに使い分けながら、メッセージの参考にしてください。

12月上旬

時候の表現(漢語調の言葉)

師走、寒冷、明冷、初冬など

フォーマルな表現

  • 寒冷の候、師走に入り、ますますご多忙のことと存じます。
  • 初冬の候、大雪を迎え、野山も街も冬一色となってまいりました。
  • 明冷のみぎり、天気予報が冬将軍の到来を告げております。
  • 早いものでもう師走となりましたが、皆様お変わり無くお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
  • 南天の実が赤く色づいてまいりましたが、皆様に置かれましては歳末ご多用の頃と拝察いたします。
  • ご無沙汰のまま、今年も暮れそうです。せめてお便りさせていただきました。
  • 暦の上では大雪とはいえ、今年は暖かな師走で助かります。

カジュアルな表現

  • 冬晴れの朝、枯れ木の合間の青空が清々しく感じられます。
  • いちょう並木もすっかり葉を落とし、もう冬枯れの景色です。
  • 師走はまだ上旬ですが、街はすでに忘年会の賑わいを見せています。
  • 街中では、早くもジングルベルが聞かれる季節となりました。
  • 今年のカレンダーも、残りあと一枚。「光陰矢の如し」を実感しています。
  • 行事が続く歳末の街は、きらきらと華やいできましたね。
  • 今年こそ余裕を持って大晦日を迎えたいと、少しずつ掃除を進めています。

12月中旬

時候の表現(漢語調の言葉)

歳末、初雪、霜寒、歳晩など

フォーマルな表現

  • 歳末の候、冷たい北風が吹き募る頃ですが、皆様ご壮健のことと存じます。
  • 霜寒の候、いよいよ本格的な冬将軍の到来です。皆様お元気でしょうか。
  • 歳晩のみぎり、今年は暖冬ということで、師走とは思えない穏やかな陽気が続いております。
  • 師走も半ばとなりましたが、何かとお忙しいことと存じます。
  • 歳末の街を行き交う人々の足元から、つむじ風が吹き上げる時期となりました。皆様ご機嫌はいかがでしょうか。
  • 朝夕の凍てつくような北風が肌身にしみるこの頃でございます。
  • 例年にない暖かな年の瀬に、心にも少し余裕がもてそうです。

カジュアルな表現

  • 孟冬の寒さに震える日が続いていますが、お変わりありませんか。
  • 街にあふれるイルミネーションの輝きに、心が弾む今日このごろです。
  • 先日、家族全員ですす払いを行いました。一年はあっという間ですね。
  • プレゼントの準備に年賀状、大掃除と、時間が足りず困っています。
  • イルミネーションの歩道ですれ違う人たちは、みんな幸せそうな笑顔を浮かべています。
  • 底冷えの冬の夜は、洗い髪が冷たく感じます。
  • ポインセチアの赤い色に、心が浮き立つこの頃です。

12月下旬

時候の表現(漢語調の言葉)

深雪、極月、忙月、厳寒など

フォーマルな表現

  • 厳寒の候、迎春の準備に何かとご多用の折、皆様に置かれましてはご壮健のこととお喜び申し上げます。
  • 忙月の候、冬至も過ぎ、今年も残りわずかとなりました。
  • 極雪のみぎり、慌ただしい年の瀬を迎えましたが、お障り無くお過ごしでしょうか。
  • 先程から降り続いていた氷雨が、どうやら雪に変わったようです。
  • 毎年のことながら、月日の立つのはなんと早いのだろうと驚かされる年の瀬です。
  • 雪かぶる湖に、今年も白鳥の群れがやってまいりました。
  • 冬枯れの庭に、山茶花(さざんか)だけが健気に咲いております。

カジュアルな表現

  • 風花が舞い、寒さもひとしおのこの頃ですが、美味しい牡蠣をいただける季節ですね。
  • 冬至の日には慣習どおり、かぼちゃとゆず湯にゆっくり浸かりました。
  • 今年も御地のクリスマス・イルミネーションは美しいことでしょう。
  • 子どもたちはサンタクロースのプレゼントに思いを馳せているようです。
  • 歳末を前にして、一年の出来事を省みている日々を過ごしています。
  • 来年のカレンダーを買ってきました。どうやら今年も無事に過ごせそうです。
  • 御用納めが近づいて来ましたが、家では新春を迎える準備をいそいそと始めています。

中の人のつぶやき

こちらもチェック!