異常天候早期警戒情報とは?分かりやすく過去の事例とともに紹介!

ネットで天気予報を見ていると、気になる警戒情報が出ているのを発見。異常天候早期警戒情報って……初耳ですよね。
これまでに聞いたことがなかった警報なだけに、Yahooの急上昇ワードで一位に輝くほどの検索がされているようでした。

僕もちょっと気になったので、この警報が過去に発令されたことがあるのかなど、チェックしてみることにします。

スポンサーリンク

異常天候早期警戒情報とは?

気象庁によると、この警報の定義は以下のようになっています。

平年からの隔たりの大きな天候が続くと、社会にさまざまな影響があります。このような現象の発生の可能性について、できるだけ早い段階で発表する予測情報が「異常天候早期警戒情報」で、気温・降雪量を対象として発表します。
(中略)
情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日間平均気温が「かなり高い」または「かなり低い」となる確率が30%以上と見込まれる場合、または7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に情報を発表します

なんとなく分かるような気もしますが、簡単に言ってしまえば急激な寒暖差が来るから、被害とか来るかもしれない!備えとけ!ってことを知らせるための警報です。

異常気象のなかでも、特に低温や大雪がひどくなりそうな時に発表されるものだとされていました。農作物やなだれなどの被害を未然に防ぐことも含めて、ひとまず知らせておくためのものなんですね。
主に農家へ向けた告知ということで始まったようでしたが、寒さがひどくなることを紹介するものでもあるので、最近だとメディアにも取り上げられるようになってきました。

スポンサーリンク

これまでに発表されたことはあったの?

いままで耳を傾けてなかったこともあってか、僕は初めて聞いた警戒情報でした(´・ω・`)
過去に発表されたことはあったのでしょうか?

こちらの警報、実はそれほどレアなものではありません。2008年3月21日からスタートしたものなので、あまり聞き慣れないってだけなんです。

近いものだと、2016年に全国的に発表されていました。

気象庁は10日、「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表しました。北海道から九州南部・奄美地方で3月15日頃から、沖縄地方では3月17日頃からの約1週間は平年よりも「かなりの高温」になる確率が30%以上になると見込まれています。同庁では、農作物の管理やなだれに注意するよう呼びかけています。気温の変動が大きくなるため、体調管理にも留意してください。

今日発表されたものは一週間ほどの期間が設けられていましたが、過去のものを見ても同じくらいの日数で発表されていますね。
あまり長く取ってないのは、上で書いた定義に合わせているからです。5~14日の間で……ってなっていますので。

もうちょっと遡ってみると、2015年4月20日にも発令されているのを発見しました。気象庁で用いられる警戒情報としては、新人の部類に入るのかもしれません。

まとめ

異常天候早期警戒情報ってなんぞや?と思ったので、分かりやすく紹介していきました。寒くなるから対策しようね!で終わっちゃう内容でしたけど、これが出てきたってことは、ついに夏も終わりなのか……と思ってしまいますね。

今年は海に行きたかったなぁ(´・ω・`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベントの関連記事
  • お年玉2018年の5歳の相場はいくら?平均や今どきの金額を調査!
    お年玉2018年の5歳の相場はいくら?平均や今どきの金額を調査!
  • 成人式の振袖レンタルの相場はいくら?購入との違いや利用割合を比較
    成人式の振袖レンタルの相場はいくら?購入との違いや利用割合を比較
  • クリスマスケーキ2017のおすすめコンビニは?値段や種類で独自に比較!
    クリスマスケーキ2017のおすすめコンビニまとめ!値段や種類で比較
  • オリオン座流星群2017の大阪の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017の大阪の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
  • オリオン座流星群2017の仙台での見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017!全国の穴場スポットや時間・方角まとめ
  • オリオン座流星群2017の仙台の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017の仙台の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ

中の人のつぶやき

おすすめの記事