漫画「おおかみこどもの雨と雪」の作者・優さんが、急性心不全によって亡くなったことがTwitterで報告されていました。個人的にかなり好きな絵を描く方だったので、非常に悲しい気持ちであふれてしまっています。
もともと持病持ちだったことからツイッターでも心配の声が上がっていましたが、6月末を境に更新が途絶えていたのもコレが理由だったんですね……

おおかみこどもは知っているけど、作者の優さんは全く知らなかった……と感じたので、今回は持病に関係する内容について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

病状がTwitterで報告されていた

夫がツイートされていたものを一部抜粋。2017年7月1日に亡くなったことが、本人のアカウントによりつぶやかれています。

5月末あたりから体調を崩しているにも関わらず、インスタグラムなどでも絵や猫カフェの写真をアップしていた優さん。今回の訃報は病気との関係は無いとツイートされていましたので、おそらく本当に突発的な亡くなりかたをされていたのかな……と思います。

優さんの持っていた病気とは?

優さんがもともと持っていた病気については、詳しいことは語られていません。Twitterも2009年に開設されてはいますが、あまりツイートされてなかったので、病状の回復に努めていた時期だったのかな?と思います。

Twitterでの絡みを見ていくと、うつの病状を抱えていた人とのリプライが多いことが発覚しました。本人からも「希死念慮(いなくなれば楽になれると考えてしまうこと)」をTwitterに上げていたので、優さんも似たようなことに悩まされていたのかな……と考えられそうです。


6月上旬頃には心身ともに体調が悪く、病院に行った結果「薬を出され実家に帰って1~2ヶ月ぐらい休んだほうがいい」との診断を下されていたと報告していました。どんな病状であれ数ヶ月間通ってないと、このような判断は出てこないと思うので、昔からうつ関係で通院していたのかもしれませんね。

直近に上げていた絵のツイートでは「一進一退」と書かれていました。本当にギリギリのところで頑張っていたんだろうなぁ……と感じてしまいます。

まとめ

漫画家の優さんが抱えていた病気について見ていきました。ツイッターでも上げられていましたが、うつの症状から心身ともに影響が出ていることを報告されていましたね。

急性心不全との直接的な関係は無いとされていますけど……少しは関わっている可能性もあったんじゃないかな。と感じました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!