オリオン座流星群2017の大阪の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ

2017年もやってくる、オリオン座流星群。観光するためのツアーが毎年のように開かれているため、年を追うごとに夜空を見上げる人たちが多くなってきています。

都会じゃ見れないよなぁ……と思っている方も多いんですけど、実はしっかり場所を選べば、ツアーに参加しなくても観測することは可能なんです。

そこで今回は、大阪でオリオン座流星群を見るための情報についてまとめていきました。見頃や時間についてなど、穴場スポットとともに見ていきましょう!

スポンサーリンク

2017年のオリオン座流星群のピークはいつから?

国立天文台の情報によると、2017年のオリオン座流星群のピークは10月21日の20時頃とされています。

また、大阪市立科学館では22時以降に「極大(流星の数が最も多く見ることができる時)」の状況で観測することが可能と発表しています。

流星がとぶのは夜10時以降です。21日は日曜日ですので、土曜日から夜更かしして観察するのもいいでしょうね。

すこし夜ふかししてでも見たい!って人は、20時からスタンバって日付が変わるくらいまで夜空を見上げているのがいいのかもしれませんね。

今年は流星の観測状況が”非常にいい”とも発表されています。オリオン座流星群がくる夜には月が見えなくなるため、星の光をさえぎるものが無いんです。

天気の状態さえ良ければ、ほぼ確実に見ることが可能なので、積極的に外に出ましょう(´・ω・`)

ちなみに、流星がくる期間だけを考えると、10月2日~11月7日の約1ヶ月間は観測が可能です。ただピーク時と比べると少なくなってしまうので、できるだけ極大の時間に見るようにしましょう。

大阪での観測に最適な方角

たまに「オリオン座流星群を見たいなら東の空を中心に見ましょう」と書いているサイトがありますが、これは違います。
基本的に、夜空を見上げていればどの方角からも観測することは可能なんです。

“日本三大都市”の1つである大阪レベルになってくると、夜でも昼かっ!って思うくらいマブシイ光が放たれています。光害マップだと真っ白に表示されるくらいですし(´・ω・`)

そのため1つの方向だけを定めて観測しようとすると、とたんに見失ってしまう可能性が高くなります。
オリオン座流星群は”明るい流星”ばかりが出てくるので、東の空で光を消費しきってしまうことも少ないんです。

ただ大阪市立科学館の情報だと「オリオン座を中心として放射状に流れる」と説明が書かれているので、ここらへんを中心に夜空をまんべんなく見渡すのがいいのかもしれません。

下の図のようにオリオン座を中心に、放射状に流れます。東~南を正面にねころがって、空を広くみるのがいいでしょう。明るい木星も楽しめます。

オリオン座流星群 大阪市立科学館

ついでに木星も楽しめちゃうんですね(´・ω・`)

スポンサーリンク

大阪でオススメの穴場スポットは?

大阪でオリオン座流星群を見るのに必要な「鉄則」は、以下の通り。

  • 市街地の明かりが入らないような場所
  • ある程度、ほかより高いところ
  • 空を遮るものがない

まとめて書いてしまえば、暗くて広い場所にいけ!ってことになります。よって、大阪市内だと厳しい環境であることは間違いありません。

今回は「大阪で天体観測を行いたい!」ということで、なるべく市街地から行けるような場所を集めて紹介していきますね。

阪南スカイタウン

大阪市内から車で1時間ほどかかる場所にありますが、視界いっぱいの夜空を楽しむなら非常にオススメのスポットです。
少し進んで展望台の奥の方に行くと、光がほとんどない場所に行くことができます。

住所:大阪府阪南市桃の木台8丁目423-32
アクセス:大阪市内から車で1時間(阪神高速4号湾岸線 経由)

永楽ダム


お花見スポットとしても有名な永楽ダム。桜が咲く季節になると、新年会などでにぎわう場所となっています。

ここの周辺は光が来ることも少ないため、実は天体観測としても使えるんです。

住所:大阪府泉南郡熊取町大字久保
アクセス:大阪市内から車で1時間(阪和自動車道 経由)

ちはや園地

広いスペースで星空を観測したい!という時に便利なのが、こちらの公園。
山の中にあるため光で遮られることもなく、バッチリ夜空を見渡すことができます。

車でも行こうと思えば可能なので、そこもうれしいポイントですね。

住所:大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1313−2
アクセス:大阪市内から車で1時間40分(国道309号線 経由)

思い切って”県外”に行くのもアリ

大阪で探し出すのも良いんですけど、利便もいいので県外の候補を探してみるのもオススメです。
市内から行けそうな場所を中心に、候補を挙げてみます。

神野山森林科学館

大阪市内から車で1時間ほどで着く、奈良県の定番スポットです。神野山森林科学館の駐車場はキレイな星空を眺めることができます。

懐中電灯がないと先に進めないほど暗い場所なので、万全の態勢でのぞむようにしましょう。

住所:奈良県山辺郡山添村伏拝888−1
アクセス:大阪市内から車で1時間(西名阪自動車道 経由)

大塔コスミックパーク「星のくに」

こちらも奈良県にあるスポットですね。星のくにと銘打っていることからも、天体観測に最適な場所であることが伝わってきます。

ついでに宿泊もすることができるため、事前の予約も考えておいてもいいかもしれません。
大塔コスミックパーク「星のくに」の予約はこちら

住所:奈良県五條市大塔町阪本249
アクセス:大阪市内から車で1時間30分(国道168号線 経由)

まとめ

オリオン座流星群が大阪市近郊で見れるスポットなどについて、情報をまとめていきました。
星が見えるピークは10月21日の20時頃だと覚えておけば、観測地へ行くための時間を計画することができると思います。

防寒着対策をしっかり行って、当日を迎えましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベントの関連記事
  • お年玉2018年の5歳の相場はいくら?平均や今どきの金額を調査!
    お年玉2018年の5歳の相場はいくら?平均や今どきの金額を調査!
  • 成人式の振袖レンタルの相場はいくら?購入との違いや利用割合を比較
    成人式の振袖レンタルの相場はいくら?購入との違いや利用割合を比較
  • クリスマスケーキ2017のおすすめコンビニは?値段や種類で独自に比較!
    クリスマスケーキ2017のおすすめコンビニまとめ!値段や種類で比較
  • オリオン座流星群2017の大阪の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017の大阪の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
  • オリオン座流星群2017の仙台での見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017!全国の穴場スポットや時間・方角まとめ
  • オリオン座流星群2017の仙台の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ
    オリオン座流星群2017の仙台の見頃はいつ?穴場スポットや時間と方角まとめ

中の人のつぶやき

おすすめの記事