今日の夕方ごろからネットを中心に騒然となっている、るろうに剣心の作者・和月伸宏の書類送検。
ぼくも小さい時に漫画を読んで育ったので、ニュースを見たときはかなり衝撃を受けました……

ところで、このような隠し事ってどうしてバレるのか、ちょっと気になる人もいるかもしれませんよね。
そこで今回は、和月先生の嗜好がバレてしまった原因について、すこし考えていきました。

スポンサーリンク

和月伸宏のDVD所持は「なぜ」バレたのか

自分のパソコンや部屋においてあるものが、なぜ警察の捜査によって漏れてしまうのか……。
こういった話は、和月先生に限らず一般の人にも当てはまりそうなことなので、どのようにして情報が出てくるのか気になりますよね。

まず真っ先に考えついたのが、販売しているお店に問題があったということ。
情報がかかれているネットニュースなどを見渡していくと、和月先生はとある場所でDVDを購入していた”履歴”があったため、警察の目に引っかかってしまったとあります。

普通はどんなものでも違法でない限り、販売されているものを買っただけでは、ここまでの事態にはなりませんよね。

未成年など「そっち系」のいろんなことが映されているものを所持することは、2015年から処罰の対象となっています。
法律によって懲役や罰金なども課せられるようになったため、ふつうの企業であれば何かしらの対処を行っているはずなんです。

たまに警察24時みたいな特集でも、そのような「違法な」コンテンツを販売しているお店に立ち入って、指導や勧告を行ったりすることに力を入れている場面が放送されていますからね。

しかし和月先生は、いろいろ記録されている複数のDVDをお店で購入し、都内の事務所で保管していただけ。
ごく普通のもの(という表現もアレですけど)だったら処罰の対象とはならないんですけど、これだけで書類送検されています。

……といったように考えていくと、やっぱりお店が「違法店」だったとしか考えられないんです。

「警察がそのお店から購入履歴を確認してリスト化→利用客を総当たりで確保」という流れの結果、和月先生の名前が確認されたんじゃないかな~と思いました。

アシスタントなどがリークした可能性も?

和月先生といえば優秀なアシスタントを数多く輩出してきたことから、「和月組」と呼ばれるくらい腕前のスゴイ作家です。

ここから考えられるもう一つの理由として、知り合いやアシスタントによる内部告発があった可能性も……ということもありえつんじゃないか?と思ってしまいました。
まあ、限りなくゼロに近いって考えてますけどね(´・ω・`)

どこまでアシスタントと和月先生との距離が近かったのか、非常に気になるところではあります。

まとめ

るろ剣作者の和月伸宏が所持していたDVDは、なぜ警察や世間にさらされるようになってしまったのかを考えていきました。
妥当な考えとしては、やはり違法な店から購入したことなんじゃないかな~って思っています。

今回は逮捕ではなく書類送検なので、そこまで長く休載するとは考えられませんが……
いったい「北海道編」はどうなってしまうんでしょうか(´・ω・`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

おすすめの記事