2016年、箱根駅伝の2区を2年で任されたことで話題となっていたのが、東洋大の山本修二選手。

出雲や全日本では惜しくも区間賞を逃してしまった彼ですが、その悔しさを糧にして今季の箱根駅伝に臨んでいます。

今回は、駅伝に出場する中でも屈指の「イケメン」である、山本選手の経歴や実力などの詳細に迫っていきましょう!

スポンサーリンク

山本修二の2017年の記録は?

前回の箱根では「花の2区」を任されたものの、後半の失速から区間順位をガクッと落としてしまった山本選手。
走り終えた後には涙ながらに”力の無さ”を痛感した屈辱から、2017年の大きな成長が始まりました。

箱根記録
2016(1年) 8区 1時間6分32秒 区間9位
2017(2年) 2区 1時間9分5秒 区間11位

5月に行われた関東インカレでは、山梨学院大学のドミニク・ニャイロ選手に続く、日本人トップの2位でゴール。
出雲駅伝ではトップを奪う勢いで区間の順位を押し上げ、2位になりました。

全日本ではトップでタスキを受け取り、区間賞と2秒の差である2位でゴールすることができています。

2017年記録
出雲 3区 24分29秒 区間2位
全日本 4区 40分11秒 区間2位

いろんなところに書かれていますけど、山本選手は自ら「もともとアップダウンは得意」ということを公言していて、他の選手とはここで勝負して引き離すことが多いのが特徴です。

今年は5区を任されることも考えて、スタミナを上げるためのトレーニングを積んできたんだといいます。

駅伝選手を評価している複数の雑誌においては、去年の失速ポイントであった「後半」に力を入れることで、よりバランスの良い選手になったとされていますね。

監督から「エース」と呼ばれるための”条件”が課せられている?

他校であればとっくにエースと呼ばれてもおかしくないくらいの成績を残している山本選手ですが、実は監督からは「詰めが甘い」と言われており、まだ東洋大では認定されていません。

一時期、そのことをメディアでも取り上げられていたような……

とある駅伝雑誌に書いてあったインタビューを読んでみると、どうやら卒業するまでの間に”キレ”を落とさないような走りをしない限りは、エースと呼んでくれることはないそうで。

大学に在籍する期間も少なくなってきましたから、今年の箱根で5区を任されたら名付けられても良いんじゃないかなぁ……と思いますね。

山本修二の兄は山本憲二(マツダ)!

山本修二選手が陸上をはじめたきっかけを作ったのは、長兄である山本憲二選手。
現在はマツダに所属し、長距離専門で大会に出場しています。

修二選手と学歴はほぼ一緒で、昭和北中→近畿大学附属広島高等学校→遊学館高校(転校)という形で東洋大学に進学していました。

箱根駅伝にデビューした3年の時には、区間賞をとっての華々しいデビュー。
僅差の21秒差で優勝は逃してしまったものの、次の4年では3区2位をキープし、チームを優勝に導きました。

最近では2012年に結婚を発表し、公私とも順調に進んでいるようですね。

山本修二のプロフィール

山本修二(東洋大学)がイケメン!遊学館でのマラソン成績や兄との関係をチェック

プロフィール
生年月日:1996年8月17日
出身:広島県呉市
昭和北中(広島)
遊学館高(石川)
身長:174cm
体重:57kg
血液型:O型

山本選手は広島県の出身。地元の昭和北中から高校に上がることをきっかけに石川県へ引っ越し、遊学館高等学校へ進学しました。

大学駅伝に出場するほどの力があるので予想はしていたのですが、高校の部活成績は山本選手の名前で埋まっていることが確認できます。

  • 石川県高校総体 (5月 石川)
  •   5000m 1位 山本修二 14’57”35 北信越大会出場決定
      1500m 1位 山本修二 3’56”77  北信越大会出場決定

  • 平成26年度 石川県高等学校陸上競技金沢地区予選会兼記録会(4月 石川)
  •   5000m 1位 山本修二(3年) 14’55”
      1500m 1位 山本修二(3年) 4’01”35

駅伝やトラックで数々の成績を残してきた人が箱根に選ばれると言われている中、学校の「看板」レベルで成績を残しているのは数えるくらいしかいません。
そのうちの1人として、山本選手が入っているんです。

Twitterとかやっていればもっと分かったんでしょうけど、他の選手とは違って個人のアカウントは持っていません。

駅伝が始まると注目されることは間違いないので、なにか困ったことがないようにするための対策として、設けてないのかもしれません。

まとめ

箱根駅伝の5区を任されることが予想されている、東洋大の山本修二選手に注目していきました。

高校時代から陸上の力をつけるために、兄の背中を追って東洋大に進学したっていうエピソード、すごいしっかりした兄弟なんだなぁ……と感じます(´・ω・`)

実際に5区を任されたら、どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!