声優リセマラが止まらない、ポプテピピック。

Twitterでの声優予想がヒートアップし、次の放送では誰が担当するんだろう?といった感じで繰り広げられていることから、新たな楽しみ方が確立されたように感じますね。

いろいろ予想は挙がっているんですけど、個人的に「これは可能性高そう!」と思った人、けっこういたんですよね。

そこで今回は、ぼくが思う「次に来そうなポプテピピックの声優」についてまとめていきました。

スポンサーリンク

次回の声優は誰になる?

 こちらでは、最新の「第四話」の予想を書いています。特に順番とか決めずに書いているので、流し読みでどうぞ(´・ω・`)
それなりの根拠がある(ありそう含む)人物について書いています。

他にも良さそうな人を見つけたら、追記します。

神谷明

出演回は不明だが、確実に出てくると見られている人物。

その理由としては、Twitterやブログで「ポプテピピック」に関する意味深な発言をしていることによる。

Twitterはこんな感じ。

ブログもこんな感じ。

お目当ては発売されたばかりのキン肉マンだるま。

その他のグッズとともに大人買いしてきました。

帰ってからは、録りためていたドラマなどを見て過ごしています。

今年は年明けから時間がゆっくりと流れていっています。

話は変わりますが、昨日からポプテピピックが始まりました。

これもなかなかユニークな作品なので注目して見ています。

アニメ放送が始まった次の日に話題としていることからか、ツイッター上では確定事項のように扱われていますね(´・ω・`)

野沢雅子

第二話と第三話で「ドラゴンボール」つながりの大御所が出演してきたことから、近いうちに続けてその枠で来る可能性がある。

Twitterでは、ちょうど3月でドラゴンボール超の放送が終わってしまうことも理由として上がっているようです。

沢城みゆき

4月から放送が開始される「ゲゲゲの鬼太郎」で主人公を演じるため、同じ枠で放送されているドラゴンボールを推しているポプテピピックとしては、取り上げたいと考えている可能性がある。

また「うたプリ」のヒロインとしても有名なので、サブカルを嫌うポプ子に”打ってつけ”の人選になりそう。

第二話で出演していた悠木碧さんが目標とする人物でもあるそうです。

山寺宏一

Twitterで話題の人物。

声の汎用性の高さなどから「1人ですべての役をやりかねない」キャラのため、これまたそのような演出をやりかねないポプテピピックとの相性が良いことから候補に挙がっている。

似たような流れから関智一さんの名前も。

玄田哲章

ロボットアニメなどもそうだが、シュワちゃんの吹き替えでも有名。

ポプテピピックの原作にも稀にシュワちゃんネタが出ているため、ベテラン枠として期待できる。

また、過去の回に出演している大御所と、共演している作品が非常に多い。声優データベースによると、千葉繁さんとは45作品、若本規夫さんとは43作品、大塚芳忠さんとは39作品など。

櫻井孝宏

某掲示板スレより。

原作では「サブカルクソ女」を煽る場面が有名なので、2015年に大流行した「おそ松さん」あたりの声優を採用してくる可能性がある。

似たような立ち位置として、宮野真守さん、福山潤さんなども挙がっていた。

高山みなみ

Twitterで話題になっていた人物。

これまでの傾向から”サンデー関連”の作品に出演している人が抜擢されていることが多いため、長く続いているしコナンあたりで攻めてくるのでは?との意見が多かった。

ちなみに、センター試験で話題になったムーミン役もやっています。たぶんアニメ本編には出てこないでしょうけど。

渕上舞

2017年に声優デビュー10周年を迎え、今年はソロ歌手としても活動することが決まっている。

「ガールズ&パンツァー」で主演・西住みほ役を担当し、長らく鳴かず飛ばずだった声優業の引退から回避された話は有名らしい。2017年12月には新作映画6部作のうちの1つを公開し、今後に注目が集まりそう。

原作やグッズなどでもガルパンネタが仕込まれているため、期待できる。

スポンサーリンク

これまでの出演者の一覧

wikiにも名前だけは載っていますが、もうちょっと詳しく紹介。

第三話

小松未可子

先行上映によって事前に公表されたうちの1人。第三話で初めてAパート本編のポプ子を担当しました。

上坂さんと共演している作品は数えるくらいしかありませんが、全く接点がないわけでもない&話題に登ることが多いので、タッグが決まったのかもしれません。

小松さんはガンダムビルドファイターズのイオリ・セイ役とかモーレツ宇宙海賊の加藤茉莉香役とかが有名なのかな?

遊☆戯☆王ゼアルに出演した際には、これがきっかけとなり『遊戯王OCG』をやり始めたとのことでした。

上坂すみれ

先行上映によって事前に公表されたうちの1人。第三話で初めてAパート本編のピピ美を担当しました。

ロシア語が堪能なことでも有名であり、アイドルマスターシンデレラガールズではロシア人ハーフのアナスタシア役を演じたりしています。

調べていてびっくりしたんですけど、本当の意味での”主人公”枠の作品は、ポプテピピックが初らしいです。

ヒロインは数多く担当しているように思いますが……これでいいんかなぁ(´・ω・`)

中尾隆聖

Bパート本編・ポプ子を担当。ばいきんまんとフリーザが有名すぎますね。

元々は演劇の世界で活動していたこともあり、役者としてテレビ番組にも数多く出演していたことがありました。

現在も声優業と並んで、劇団「ドラマティック・カンパニー」で舞台公演を行っています。ものまねYouTuberとのドッキリコラボ動画、めっちゃ面白かった。

若本規夫

Bパート本編・ピピ美を担当。個人的にはドラゴンボール・セルのイメージが強いですが、”サザエさん”のアナゴさんや、”うたプリ”のシャイニング早乙女でも有名です。

経歴も中々スゴくて、早稲田大学法学部卒業→警察(2年間)→日本消費者連盟の創設メンバー(上司を殴ってクビ)→アテレコ教室で声優になった……という道を辿っています。

最近ではナレーターとしての活動も増えていますね。声が出てくるたびに笑いがこみ上げてきちゃうの、どうにかしたい。

第二話

悠木碧

Aパート本編・ポプ子を担当。声優ユニット『petit milady』の関連で出演していました。

「夢色パティシエール」で主人公の天野いちご役を演じたことで注目され、「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公・鹿目まどか役で一気に有名になった印象が強いです。

元は子役だったんですね~

竹達彩奈

Aパート本編・ピピ美を担当。声優ユニット『petit milady』の関連で出演していました。

「けいおん!」の中野梓役で爆発的に注目されるようになった印象があります。

現時点で2018年のアニメに7本(うちヒロイン枠は3つ)出演しているので、かなり忙しいんじゃないかな~

古川登志夫

Bパート本編・ポプ子を担当。

「ドラゴンボール」のピッコロ役や「北斗の拳」のシン役、「ONE PIECE」のポートガス・D・エースなど、そんなに詳しくなくてもどれかは絶対知っている!というくらい、数多くの有名なキャラを演じていますね。

元は俳優をメインで行っていましたが、海外ドラマのアテレコをしているうちに声優としての仕事が増え、現在に至っているとのこと。

昔から活動している人って、俳優から来ているのが多いのかな?

千葉繁

Bパート本編・ピピ美を担当。

「ドラゴンボール」のピラフ役・ラディッツ役や「北斗の拳」の予告、「ONE PIECE」のバギー役など、古川さんと共演している作品だけに絞ってみても多いことが分かります。

アドリブで演じることが多いらしいので、このアニメにはうってつけなんじゃないかな?と思いますね(´・ω・`)

第一話

江原正士

Aパート本編・ポプ子を担当。原作者・大川ぶくぶが希望していたキャストの1人です。

最近だったら「灼眼のシャナ」のアラストール役や、「へうげもの」の羽柴秀吉役などが有名なのかも。

ただ個人的には、声優よりトム・ハンクスの吹き替えのほうがイメージ強いですね。吹き替えはこの声じゃないと!ってくらい。

担当している回数は計り知れません。

大塚芳忠

Aパート本編・ピピ美を担当。原作者・大川ぶくぶが希望していたキャストの1人です。

「アイドルマスター」の高木順二朗役や「仮面ライダー電王」のデネブ役が印象に残っていますね。

しかし、作者はなんでこの2人を選んだんだろうな……直感かしら。

三ツ矢雄二

Bパート本編・ポプ子を担当。「タッチ」の主人公・上杉達也役であり、ポプテピピックにはヒロインを演じた日髙さんと選ばれていました。

声優以外にも、舞台俳優や作家、演出家、音響監督なども行っていることから、たぶんポプテピピックに出演している人の中ではいちばん手広く活躍している人物かもしれません。

他の出演作品としては、「ドラゴンボールZ」の界王神役や、「キテレツ大百科」のトンガリ役が有名ですね。

日髙のり子

Bパート本編・ピピ美を担当。「タッチ」のヒロイン・浅倉南役であり、ポプテピピックには主人公を演じた三ツ矢さんと選ばれていました。

今ではそれほど珍しくないのかもしれませんが、アイドルでデビューした後に声優となった人です。

当時はあまり売れておらず、両親から方向転換して就職を勧められるほどまで追い詰められていたそうなので、タッチでヒロインに抜擢されてなかったら、もしかすると芸能界に残ってなかったんじゃないか……って思います。

他の出演作品としては、「となりのトトロ」の草壁サツキ役、「DEATH NOTE(1期)」のニア役など。

JAPON MiGNON

本編の一部として、たまに出てくるコーナー。

ファニー・ブロック

フランスの女優。PC向けのMMORPG・Wakfu(ワクフ)というゲームにおいて、青いフードをかぶった主人公のユーゴ役を演じていることで有名です。

ポプテピピックの声優予想

OP、めっちゃ雰囲気良くて好き。

YouTubeで探せば見つけられるので、気になった人は検索してみてください。

クリスティーン・ベリエ

フランスの女優。90~00年代にかけて、映画の吹き替えをメインに活動を行っています。

声優業は1999年を最後に長らく担当することはありませんでしたが、2018年に約20年ぶりとなるテレビアニメ声優を担当したことで、フランス版wikipediaの「テレビ吹き替え」欄が更新されていました。

久しぶりの作品が、これでいいのか(´・ω・`)

まとめ

ポプテピピックの声優予想と、これまでの出演者についてまとめていきました。

この記事は一話ごとの放送後に更新していく予定なので、なにか「これはっ……!」となった情報があれば追記します。

ギャグアニメ系で、久しぶりにオモシロイと思った作品だなぁ……これ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

おすすめの記事