コインチェックのお金に保証や補填はある?資産の保険や出金時間をチェック

1月26日の昼から夕方ごろにかけて大騒ぎとなっている、コインチェックで取り扱われている仮想通貨「XEM」の流出問題。

被害総額は620億円以上にも登ると言われていることから、最近になって口座を開設した人たちを中心に騒動となっています。

ぼくもざっとニュースやTwitterの反応を見てみたんですけど、過去にマウントゴックスが起こしたように”倒産”につながるのではないか……と盛り上がっているようで。

そこから「取引所に置かれているお金、ちゃんと保証してくれんでしょうね?」と躍起になっている人が増えているんですよね。

個人的にも気になる部分だったので、コインチェックに預けている資金は、今後どうなってしまうんだろう?ということについて迫っていきました。

スポンサーリンク

コインチェックにお金の元本保証はある?

コインチェックに元本保証はありません

これは公式の規約にも書いてあるとおりなので、口座を開設した時にしっかり読んでいる人なら、知っているはず……

現物取引(自分の持っているお金の余力内だけで運用する)で行っている人が多いコインチェックですが、仮想通貨は流動性の高い相場が続いている世界ですから、1日で資金が50%以上増えることもあり得ますし、逆に資金が半分以下になってしまうこともあります。

レバレッジ取引なんかやっている人だと、もっと悲惨なのかもしれませんね。

コインチェックの出金はいつ再開される?

出金やほとんどの取引が停止状態になっているコインチェックですが、それらが可能となる日時も不明というのが現状です。

記者会見では安全にサービスを提供できることが確認でき次第、と発表していたので、今回のハッキングがどこから入ってきたのかなど、原因が分かってからということになります。

コインチェックのお金に保証はかかっているのか?

コインチェックのサイト内に記載されている「サービスの安全性」の内容によると、「コールドウォレット」と呼ばれるインターネットと完全に切り離された環境で仮想通貨を保存する管理方法を採用していると書かれていることが確認できます。

コールドウォレットによるビットコインの管理

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)のコールドウォレットの管理は完全なオフライン状態で行われていなかったため、安全性が確保されていませんでした。
coincheckでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。

しかし、題目にもある通り、これはビットコインだけの話

その他のアルトコインについては、オンライン上に仮想通貨がそのまま置かれている「ホットウォレット」と呼ばれる状態で置かれていたことが、先日の会見で明らかとなりました。

これ、いつでも引き出せるメリットがある一方で、今回のように盗まれてしまうデメリットもあるんですよね。

もちろん、NEMもアルトコインの一種。

コインチェックの持てる資金以上の損害が出てしまったとしたら、戻ってくる可能性は限りなく低くなる……と見たほうがいいのかもしれません。

スポンサーリンク

コインチェックに保険ってあるの?

コインチェックの保険に関しては、2017年6月に不正ログインにかかる損失を補償する「なりすまし補償」を開始しています。

二段階認証を設定している人「のみ」に適用されるものであり、外部から不正にログインされた場合に最大100万円まで保証してくれるものです。

ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失補償」

当社は、運営する仮想通貨取引所「Coincheck」にて二段階認証を設定しているユーザーアカウントを対象に不正ログインされたことによって被る損害を補償いたします。ユーザーは、二段階認証の設定をすることにより不正ログインによる被害の可能性を未然に防ぐとともに、万が一不正ログインによる被害が発生した場合においても、コインチェックによる補償を受けることが可能です。
補償対象は、「Coincheck」のユーザーアカウントに不正ログインされたことによってユーザーが被る、いわゆる「なりすまし」による損害です。なりすましによる損害については、1回の請求で最大100万円を補償額と致します。

しかし、これも今回の「不正引き出し」には適用されない可能性があります。

“個人”のアカウントに侵入されて盗まれたわけではなく、コインチェックの”会社”そのものに蓄えられていた通貨が外部に漏れてしまったからです。

盗難の事実公表が遅れてしまったのも、これが原因なんですよね。不正に盗まれました!なんていえませんから……

お金の補填はあるの?

記者会見によれば、補填については「検討中」とのこと。

コインチェックの会社内で保管されている資金はNEMに集中させているわけではなく、ビットコインやその他アルトコインなどにも分配していることから”資産は十分にある”と考えられるので、このあたりは何らかの補填をしてくれるんじゃないかな?とは思っています。

――顧客資産の補償を考えているのか。

「流出したNEMについては補償を含めて検討している。まずは顧客保護を最優先に対応している。補償する財務的な余裕についても精査中だ。顧客にできるだけご迷惑をかけることがないように検討している」

記者会見で「技術的な問題と人材不足で対応できていなかった」と喋っていたところを突き「セキュリティが不十分!」と発言している人もTwitterでは見受けられますが……これはちょっと違うような気がしますね。

個人で仮想通貨をウォレットに移して管理するとか、自分の財産を守ることはできたはずですから。

仮想通貨を取引所に置きっぱなしにすることの危険性については、界隈で有名な人たちも散々Twitterなどで発信しています。

普段から情報を集めておかないといけないってことなんでしょう。

保証の可能性が無くなったわけではない

今回の流出事件を受けて、コインチェックのお金に保証や補填はあるのかな?と思ったのでまとめていきました。

会社自体が倒産する方向で動いていないことや、万が一どうしようもないことになったとしても「仮想通貨業界に入りたがっている大手企業がわんさかいる」ことから、最悪『買収』というかたちで存続だけはしていくものと見られています。

なので、公式の続報を待つばかりではありますが、今後の補填については可能性ゼロとは言えないと思いますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュースの関連記事
  • 大口病院のその後!2018現在の最新情報や犯人の正体は誰なのかチェック
    大口病院のその後!2018現在の最新情報や犯人の正体は誰なのかチェック
  • コインチェックのお金に保証や補填はある?資産の保険や出金時間をチェック
    コインチェックのお金に保証や補填はある?資産の保険や出金時間をチェック
  • 松坂大輔の入団テストにやらせ疑惑?判断基準や採用理由が不明と話題に
    松坂大輔の入団テストにやらせ疑惑?判断基準や採用理由が不明と話題に
  • 渡部陽一の現在!テレビから消えた理由や2018年までの活動まとめ
    渡部陽一の現在!テレビから消えた理由や2018年までの活動をチェック
  • 大相撲の処分の種類まとめ!段階別の解説や意味を分かりやすくチェック
    大相撲の処分の種類まとめ!段階別の解説や意味を分かりやすくチェック
  • ABC予想とは何?分かりやすく簡単に問題の具体的な解説や論文を紹介!
    ABC予想とは何?分かりやすく簡単に問題の具体的な解説や論文を紹介!

中の人のつぶやき

おすすめの記事