2018年4月期の木曜ドラマ枠・テレビ朝日の「未解決の女 警視庁文書捜査官」。

原作は3シリーズ続いている本作ですが、個人的に「触りだけでも知っときたい!」と思ったので、あまり読まない推理小説に手を出してみました。

これ、めっちゃ分かりやすかったんですよね(´・ω・`)

今回は原作小説のあらすじを元に「未解決の女 警視庁文書捜査官」の最終回までのネタバレを、詳細に書いていきました!

スポンサーリンク

登場人物とキャスト情報

矢代朋(波瑠)

波留

原作は「矢代朋彦」で、男。

ドラマ版では肉体派熱血刑事「矢代朋」に名前と性別を変え、波瑠さんが主演を務めます。

どうしてもクールなイメージが先行しますが、どんな役作りになるんだろうなぁ……

ガラッと印象を変えてくれるような演技に、期待(´・ω・`)

鳴海理沙(鈴木京香)

鈴木京香

文章から性格や思考をズバッと予測する”頭脳派キャラ”を演じるのは、鈴木京香さん。

サスペンスやミステリー系のドラマでは常連ですね。

テレビ朝日の連続ドラマに出演するのは、「ツインズ教師」で保健体育教師を演じて以降、25年ぶり。

どんな感じになっているのか、楽しみです。

アルファベット事件の答え

ネタバレは以下に書いていますが、「事件の真相だけ知りたい!」という方のため、結論だけ先に出します。

現場にあったアルファベットの順と意味

「A」「B」「C」「D」「N」「O」「T」「U」「!」・・・abduct!on(拉致)
「I」は後述で使用するため、「!」で代用。拉致されたメッセージを残した

「E」「H」「I」「K」「L」「P」「R」「S」「’」・・・RISK.HELP(危険、助けて)
自分の身が危険にさらされているメッセージ

「G」「J」・・・(J)女子(G)学園
拉致された被害者の通っている学校

事件のきっかけ

事件は、会社の利権抗争による”復讐”が原因で引き起こされたものだった。

スポンサーリンク

原作の事件の詳細なネタバレ

メインで出てくる登場人物、原作では「男女」となっていますが、ドラマでは「女女」です。

この時点でドラマとの大きな違いがあると思いますが、原作に出てくるような事件も題材にされる可能性はあるため、ここではシリーズ一作目の「アルファベット事件」について記載します。

荻窪事件

文書解読班に所属する矢代は、年下上司の理沙とともに現場へ出ることがないため、暇を持て余していた。

そんな日常の中、突然事件現場への出勤命令が出る。

そこはノコギリで右手を切断された遺体がある現場。

別の捜査官から、2人はトランプほどの大きさのカードに「A」「B」「C」「D」「N」「O」「T」「U」「!」と印刷されている証拠品と、『10/19 AM10時 点検 ミツハシ』と書かれているレシートを見せられ、その意味を解読することを頼まれた。

ミツハシのレシートから、被害者は東(あずま)を特定した理沙は、彼の家で同じ筆跡のメモを見つける。

メモ
準備……携帯電話・ライト・水・食料・タオル・ガムテープ・ビニール紐

荻窪……民家/倉庫(土日休み?)/候補地1/空き地(立入禁止)/民家

吉祥寺……民家/駐車場/候補地2/空き地(スーツに泥靴の四人)/民家

書き手の状況を読んだ理沙は、「スーツに泥靴の四人」とは”園芸用品メーカーの社員”のことだと考える。

矢代とともに足を運び、地区とそこにある家の並びの法則から瀬戸の家を特定・犯人の可能性を示唆したが、彼は警察の独身寮の厨房で働いているだけの人だったため、署の会議において注意されてしまった。

吉祥寺事件

理沙は、大学時代にお世話になっていた教授にメモを見せた。

彼の”字推測”から東が左利きであったことを告げられると、右手が無くなっていた理由が関係しているかもしれないと思うようになる。

後の調査により「スーツに泥靴の四人」は地鎮祭(建築前に工事の無事を祈る祭事)を指していると推測した理沙は、矢代とともに不動産屋から情報を得て、現場の更地へ向かう。

更地のとなりにあった廃屋に行くと、別の遺体・森脇を発見。

そこには「G」「J」のカードと、釣り鐘型の地図が見つかった。

釣り鐘

後の捜査で、森脇が過去に起こした交通事故で杉内竜也を死なせ、その叔父の泰造が行方不明になっていることが判明。

叔父の犯人説が濃厚になるが、後の操作によってアリバイが確実なものとなり、対象から外れた。

一方、地図の矢印で指されている場所に行った2人は、腹部を負傷して血に染まっていた江崎英人に襲撃される。

矢代が怪我をしたが、なんとか彼を捕らえてひと段落した。

2つの事件の関係

後日、理沙は病院で、彼にアンケートと称して文章を書かせる。

その目的は、筆記誘導によって彼の「頭の中の思考」を知ること。

筆跡や内容を読んだ理沙は、江崎は被害者2人と関係がある可能性を考え、

その場合は東に”好感”を抱き、森脇には”不快感”を抱いていた可能性を見出した。

また、江崎の持っていたスス付きのカード2枚と、以前からあったEVのカードは微妙に色が違うことを発見した矢代。

その後、これまで火事があり閉鎖された条件のもとで、

江崎が関係していたとされる印刷工場現場を見つけ出し、古賀係長と川奈部とそこへ向かうことに。

すると、またしてもアルファベット「E」「H」「I」「K」「L」「P」「R」「S」と「’」の記号があるカードを見つける。

文字列から『RISK.HELP』を作った理沙は、荻窪事件から見つかったものも『abduct!on(拉致)』となると考え、被害者の現場状況を頭に浮かべることに成功した。

事件の概要がつかめてきたところで、江崎は病院から逃走

彼を追いながらの捜査となる。

スポンサーリンク

事件の真相

資料により、被害者の森脇が出入りしていた「白岡システムズ」が暴力団との関連があることを知った矢代と理沙は、会社を調べることにした。

情報戦略室の安永や社長の白岡と接していくうち、彼らが事件と関わりがあることを感じた理沙。

東の家で雑誌を調査すると、白岡システムズをずっと調べていたことに気づいた。

のちに、企業同士の抗争によって事件が連続して起こっている可能性を見出した理沙は、署の会議において「事件の犯人は同一人物ではない」ことを発言する。

理沙の発言の概要
交通事故で杉内が死

報復としてミヤタ側が”誰か”を拉致

荻窪事件で森脇が東を殺害

吉祥寺事件で森脇が反撃を受け、殺害される

そのとき江崎も負傷

また特捜本部により、白岡の子供2人が拉致被害者であること、1人(下の子の名は「大地」)は荻窪事件の後に帰ってきたがもう1人は戻ってきてないことが明かされた。

後日、「白岡システムズ」のロビーで、社長の白岡と口論していた外国人女性(後に白岡の妻であることが分かる)から、

残りの「G」「J」がキリスト教系の学校(女子のJ、学園のG)であることを突き止め、

理沙たち2人は白岡の娘が通っている女子学園に行くことができた。

学園の近くの雑貨屋で、男性客に普段まとめて売れないようなブルーシートが4枚売られていた事実が発覚。

また、そばに全く明かりのついていない解体間際のビルを見つけ、不審な勘をもった矢代は、理沙とともに中へ入っていく。

そこで、身を拘束されている碧眼の少女・千鶴を発見した。

これまでのアルファベットのカードは、彼女が様々な事件現場に移動させられるたびに残してきた『危険を表すメッセージ』だったのだ。

同時に、ミヤタ興業の社長・宮田伴男と江崎に遭遇する。

宮田の口から「白岡システムズ」と「ミヤタ興業」の間で暴力団絡みのトラブルがあり、

白岡がその下働きをしていた森脇を使って宮田の右腕だった杉内を殺したこと、

その復讐のために白岡の子供2人を拉致したことを告げられた。

その場で始末されそうになる2人だったが、駆けつけた安永によって助けられる。

彼は掃除屋として、森脇と組んで汚れ仕事を担当している人物であること、

東の処理の際に、子供(大地)と彼が手錠で繋がれていたことから、証拠隠滅のためノコギリで右手を切断しなければならなかったことを話された。

安永は千鶴の無事を携帯の写真に収めると、その場から逃走。

行方をくらませたが、その場にいた宮田と江崎、後日には白岡が逮捕された。

後日談

白岡の取り調べによって、子供は再婚相手の妻が連れてきたため血の繋がりはないこと、

ミヤタ興業にいた杉内が、卑怯な手により白岡の利権を横取りしようとしたことが事件の発端となったであることを知った2人。

取り調べが終わって久しぶりに本部庁舎に戻った2人は、

しはらく見ない間に積み重なっていたダンボールの山を片付けているところで、物語が終わった。

「警視庁文書捜査官」の原作紹介

警視庁文書捜査官は、2018年2月時点で3冊が世に出されているシリーズ小説。

いわゆる”警察モノ”を多く書いている麻見和史さんの作品です。

ぼくはこの人の小説を初めて読んだんですけど、感想としては「謎解きやキャラの推理などが交互に出てくることで物語が複雑になっている割に、スンナリ頭に入ってくるな~」というもの。

捜査の進捗を発表する”会議”のシーンで、事件の解決部分と未解決部分を明確にする「事件表」なるものがちょくちょく出てきたのが、地味に効いているのかも。

推理小説に限らず、内容を理解するためにページ戻りするような自分にとっては、かなり読みやすい作品だと思いました。

まとめ

警視庁文書捜査官の原作ネタバレについて書いていきました。

推理モノを読まない自分でも容易に理解できるような作品だったので、ドラマの告知にある「肩の力を抜きながら楽しめる新感覚ミステリー」というのは本当なんだな~と思います(´・ω・`)

ドラマの内容によっては、この後に書かれているシリーズについても追記しますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!