イラク日報問題とは何?文書の内容や問題点を分かりやすく解説!

先日から話題となっている、イラク日報問題。

これまで防衛省が「保存していない」と明言していたにもかかわらず、陸上自衛隊をイラクに派遣した際の日報が見つかったことで注目されています。

テレビやネットニュースで躍起になって取り上げられているのはいいんですけど、そもそも何が問題点なのか………イマイチ分からん!って人もいるかもしれません。

そこで今回は、

・まずイラク日報って何?

・なんでここまで盛り上がっているの?

ということについて迫っていきました!

スポンサーリンク

イラク日報って何?

そもそもイラク日報とは、平成16年から18年にかけてイラクに派遣された、陸上自衛隊の文書。

イラク南部にあるサマワなどにおいて、現地部隊が延べ376日分にわたって報告したものをまとめた、およそ1万4000ページの調査結果が書かれたものです。

最近だと、陸自国際活動教育隊で保管されていた南スーダン、ゴラン高原、ハイチでのPKO活動などの内容も含まれていたことが発覚しました。

要は紛争地域に派遣された自衛隊の報告書、ということなんです。

イラク日報の何が問題なの?

内容はさておき、そもそも「なぜ」イラク日報問題として騒がれているのかが分からない……って人もいるかもしれません。

この話題の問題点は、主に3つ。

・イラク派遣の日報が陸上自衛隊で見つかっていたのに、当時の稲田防衛大臣に報告していなかったこと

・実際に日報が確認できてから公表するまで、3ヶ月ほどの期間がかかったこと

・2016年にも似たような騒動を起こしたにもかかわらず、同じことを繰り返していたこと

です。

なので、文書そのものに問題点はありません。
テレビとかでも「隠蔽」ばっかり注目されているのが良い例ですよね。

あんまり良くない報道のされ方だと思う(´・ω・`)

行き過ぎた考えを持つ人にとっては、国際活動という名目で「戦闘協力する」ことを危険視していることから、大きな問題点かのように取り上げられているんでしょう。

ただ、隠し事と捉えられても仕方ないのは事実

ただ、文書の情報に対する「認識の違い」が出ていたことは明白。

今どきパソコンを使って文書を作成するのは”当たり前”の時代ですから、書類が見つからないっていうのは考えにくいですよね。

見逃さないために特別監察が置かれていますが、それも意味なかったことが取り上げられるような形となってしまいました。

管轄ごとに処理していたことで、情報管理の不手際が表に出てきたこととなります。

また、情報公開への現状が、まだまだ不透明であることも明らかになりました。

このあたりばっかりに、メディアが食いついているってことなんでしょうね。

まとめ

イラク日報の問題点などについてまとめていきました。

確かに情報伝達に食い違いが出ていたのは事実ですけど、そこから論点がズレて「本当の問題点」が分からなくなってしまうのが、今のメディアの悪いところです。

次々に出てくるニュースに流されないようにしたい思わせる、そんな話題でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
政治の関連記事
  • イラク日報問題とは何?文書の内容や問題点を分かりやすく解説!
    イラク日報問題とは何?文書の内容や問題点を分かりやすく解説!
  • 森友学園問題とは何?わかりやすく時系列で解説【2018年最新版】
    森友学園問題とは何?わかりやすく時系列で解説【2018年最新版】
  • ダッカハイジャック事件の犯人とその後!実行犯や釈放された人物の現在を調査
    ダッカハイジャック事件の犯人とその後!実行犯や釈放された人物の現在を調査
  • 中曽根康弘の現在は寝たきり?2018年の今の様子や状況をチェック
    中曽根康弘の現在は寝たきり?2018年の今の様子や状況をチェック
  • トランプ大統領の来日と日程スケジュール!ゴルフや宿泊ホテルはどこ?
    トランプ大統領の来日と日程スケジュール!ゴルフや宿泊ホテルはどこ?
  • 選挙で落選した議員のその後は?仕事や収入などの生活はどうなるのか
    選挙で落選した議員のその後は?仕事や収入などの生活はどうなるのか

中の人のつぶやき

おすすめの記事