オウム真理教の教祖であった麻原彰晃の娘、「アーチャリー」こと松本麗華(まつもと りか)さん。
 
Twitterもやっていますが、そのあたりにいそうなくらい普通のつぶやきが多いような気がします。

三女である彼女ですが、本名を世間に公表しながら本の執筆活動をするなど、他の兄弟姉妹とは違う側面を持つことでもメディアに取り上げられることがあるんですよね。
 
そこで今回は、松本さんの現在について迫っていきました。

スポンサーリンク

麻原彰晃の三女・松本麗華の現在

2018年に入ってからの松本さんは、現在様々な情報発信をしながら生活しています。
 
「オウム真理教」や「死刑制度の廃止」を中心に、

・ネットや書籍の執筆活動
 
・動画サイトやラジオでの生配信
 
・「悩み相談イベント」などのカウンセラー
 
・テレビでの特集

など、多方面に顔を出しているんです。
 
本人はカウンセラーを主な活動としているそうですが、こういった内容を見ていくと、フリーランスに近い生活を行っている印象がありますね。

2018年は「訴訟」が追加されている?

また、2017年あたりからは訴訟も行うようになった印象があります。
 
自身の名誉を傷つけられるような記事やニュースを流したところに対し、損害賠償請求をするための裁判を始めるようになったんです。
 
ただ、こちらはあまり状況が芳しくないようで、

2017年には「読売新聞」に対して行った1000万円の賠償請求が敗訴

したことがニュースとなっていました。
 
松本さんだけでなく、兄弟(長男)がテレ東に対して起こした裁判でも敗訴していますし、なにかあるんじゃないか?と思ってしまいかねない。。。
 
本当に最近のこと(4月)だと、カルト問題を取り上げて活動している弁護士・滝本太郎さんのブログに書かれていたことに対する”訴状”が到着していたことでも注目されています。

原告が麻原教祖の三女、被告が私という
さいたま地裁越谷支部への金300万円の損害賠償請求訴訟の
訴状が届きました。
ここのブログ記載等についての訴訟ですね。
実に、次々と訴訟を起こしているんだな。
松井弁護士は三女や長男を原告とする訴訟を、
いったい何件やっているのかな。

どのあたりの部分に訴訟される要素があったのかな……と思って読んでみたんですけど、半分くらいの記事で松本さんのことを取り上げられているんですよね(´・ω・`)
 
ブログとかTwitterを見た感じ、松本さんに対する“煽り”の多さが、今回の案件の原因なんじゃないかな~って感じます。

まあ「アーチャ語り」とか言って、教祖との写真を利用したお誘いチラシを作り、朗読会とかもしているのだから、不思議ではないけれど。

いくつか読んでみて「もう30代なんだし、父のことで活動しなくても」的な印象は受けますけど、なんかなぁ。
 
なにか言われるのも、ムリないような気がします。
 
ちなみに滝本さん、オウムから脱会した人を救うための「カナリヤの会」を設立したり、カルトの予防や被害者を社会復帰をさせるための「日本脱カルト協会」の幹部としても活動しています。

まとめ

麻原彰晃の娘、「アーチャリー」こと松本麗華さんの現在について迫っていきました。
 
過去のことで裁判をしたり、一般的な人とは違う生活をしていることは確かにありますが、独立して普通の生活を送っているという点では全然いい方なのかな~と思いますね。
 
他の兄弟とは、連絡を取れるような状況にあるのかなぁ……って思ってしまう時があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

おすすめの記事