車で帰省する家族が増える、お盆休み。
 
普段は全く高速道路に乗らないという人もいますから、交通渋滞はしっかりと把握しておかなくてはなりません。
 
そこで今回は、2018年の首都高速道路についての渋滞予測情報をまとめていきました。

スポンサーリンク

渋滞がピークになる時期はいつ?

休みが始まる「帰省ラッシュ」と、休みが終わる「Uターンラッシュ」に分けて解説していきます。

帰省ラッシュの混雑ピーク

2018年の首都高で交通渋滞がピークを迎えるのは、

8月11日(土)の6~10時

だと予想されます。
 
お盆休みと言っても、例年であれば企業によって「休みが始まるタイミングのズレ」があったりしましたから、近年では分散されている傾向にあったんですけど……今年は違います。
 
お盆の前に「土日休み」が入っているため、その時期に合わせて帰省しよう!と思う人が増えてくるんです。
 
なので、金曜日に準備して、土曜日の朝早くから出発する……なんてしていると、交通渋滞につかまってしまうハメになってしまうかも。
 
渋滞に巻き込まれたくないなら、10日(金)の夜12日(日)以降にするのがベストですね。

Uターンラッシュの混雑ピーク

また、Uターンラッシュにおける渋滞のピークは

①8月16日(木)の7時~  
②8月19日(日)の13~

の2パターンが考えられます。
 
①は有給などを使わず「お盆休み」だけで乗り切る人、②は17日(金)あたりに有給をくっつけて「怒涛の9連休」をつくる人の組み合わせです。
 
これらの時間帯は確実に混み合うので、渋滞に巻き込まれたくないなら一般道に回避するか、別の日などに設定しましょう。
 
ちなみに、この2つの可能性を考えた理由は、2018年のゴールデンウィークの混雑状況にあります。
 
今年は有給を取得すれば”最大9連休”となっていたことから、普段より外出する人が多くなっていたんです。
 
当然、交通量も増えたことで、その場から動けなくなるほど車があふれかえっていました。
 
そうでなくても、首都高は普段から渋滞しているような道路なので、混む時間帯の「見極め」が大切になってきます。

スポンサーリンク

今年のお盆休みはいつからいつまで?

前の項目でも少し取り上げたとおり、今年のお盆休みは8月13~16日
 
カレンダーで表すとこんな感じになります。

祝日である「山の日」の土曜日からはじまり、16日の木曜日まで6日間とするところが一般的。
 
有給などをうまく使えば19日(日)まで延ばすことが可能なので、なんと2018年のGWと同じく9連休とすることもできちゃうんです。
 
かなり長い休みになりますね(´・ω・`)

渋滞につかまった時の「暇つぶし」も考えておこう

いくら渋滞の対策をしようとしても、どうしても捕まってしまうことはあります。
 
そんな時のために、車内でできる暇つぶしなども考えておいたほうがいいかもしれません。
 
おそらく家族で行動する人がほとんどだと思うので、ここでは子供たちにもウケが良いようなものを1つ紹介していきます。

VOD(ビデオオンデマンド)

車の中で時間をつぶすときに便利なのが、VOD(ビデオオンデマンド)サービス。
 
面倒な契約などをしなくても、無料で楽しむことができる「AbemaTV」なんかは非常に使い勝手がよく、民放より面白い番組が放送されていることもあります。
 
中画質くらいであれば1GBあたり約3時間ほど見れる計算となりますから、ちょうど渋滞を抜けることもできるかと思いますね。
 
ただ、すべてが生放送という特性上、自分の見たい番組がその時間帯に行われているとは限りません。
 
そんな時には、いくつかある動画配信サービスの中でもダントツに作品が充実している「U-NEXT」がオススメ。

2016年に公開された映画「君の名は。」も、ここで初めてみたんですよね、ぼく(´・ω・`)
 
本来ならレンタル販売(500円)されている作品なんですけど、当時は初めてU-NEXTに登録して『U-NEXTポイント(1ポイント1円)』を600ポイントもらえたので、完全無料で視聴することができました。
 
普通に面白かったので、映画館で見とけばよかった……って思ってます。

まとめ

お盆休み2018の首都高における渋滞予測について、まとめていきました。
 
最後に要点だけ書くと、こんな感じになりますね。

お盆休みの日程
2018年のお盆休みは8月13~16日
 
ただし、11日の土曜日からスタートするため、うまく作れば11日~19日の9連休となることも考えられる。
帰省ラッシュの混雑ピーク
8月11日(土)の6~10時
Uターンラッシュの混雑ピーク
①8月16日(木)の7時~
②8月19日(日)の13~

なるべく渋滞に巻き込まれないよう、計画を立てて帰省しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

おすすめの記事