東海道新幹線の「のぞみ号」で起きた、傷害事件。
 
犯人の身柄が確保され、小島一朗容疑者の事件動機などの取り調べが進められていますが、すでにネット上では家族や過去の経歴について情報が出てきています。
 
今回は、いろんなサイトやメディアで紹介されている情報をもとに、小島容疑者のプロフィールについてまとめていきました。

スポンサーリンク

小島一郎の家族構成

すでに出回っているニュースの情報をまとめてみると、小島容疑者は

・祖母
・伯父夫婦

を含む計4人で暮らしていました。
 
伯父の家が愛知県の岡崎市にあり、両親と疎遠になってしまったことで実家を離れたのだといいます。
 
また、彼が家を出るまでの「実家での」家族構成については、

・父
・母
・姉

3人であることが判明。
 
(情報提供してくださった方、ありがとうございます)
 
姉については「家族との縁を切っている」という話も聞きませんし、今でも普通に暮らしているのかもしれません。

現在52歳
 
まだまだ若いので、現役の会社員として働いているんでしょうね。
 
小島容疑者が起こした事件を受けて、各メディアに対して以下のようなコメントを発表しています。

愛知県一宮市で離れて暮らす小島容疑者の父親(52)は「言葉がない。これからの人生は事件を償うことに尽くしてほしい」。

父親は10日、報道陣の取材に応じ、「一朗君とは今は家族ではない。中学生の頃からほとんど会話はなく、関係は断絶していた。(被害者には)申し訳ない」と話した。

……なんか、かなりよそよそしいような(´・ω・`)
 
他人事のように話していますが、普段の生活はどんな感じだったんでしょう?

まだ50代に入ったばかりの父がいますから、40代後半くらいの年齢なのかもしれません。
 
これまで一切メディアに出てきていませんでしたが、11日に朝日新聞から事件に関するコメントを寄せていました。

このたびはご遺族の方、また被害にあわれた方々に大変なことをしてしまい、また関係の皆様に多大なご迷惑をおかけし、心から深くお詫(わ)び申し上げます。
 
(中略)
 
一朗は小さい頃から発達障害があり大変育てにくい子でしたが、私なりに愛情をかけて育ててきました。
 
(中略)
 
今回このようなことになり、どちらかといえば正義感があり優しかった一朗が極悪非道な、一生かけても償えない罪を犯したことに未だに困惑しています。受け入れ難く、やり切れない思いでいっぱいです。

コメントを残している家族の中では、一番長い文章
 
他人事のように話している父親と違って、かなり熱心に小島容疑者のことを考えているようです。
 
以下をタップすると全文が見れるので、気になる方はどうぞ。

コメント全文(タップで開く)

このたびはご遺族の方、また被害にあわれた方々に大変なことをしてしまい、また関係の皆様に多大なご迷惑をおかけし、心から深くお詫(わ)び申し上げます。
 

 今回このような事件を起こしたことは、予想もできず、まさに青天のへきれきで、自殺することはあってもまさか他殺するなんて思いも及びませんでした。初めて聞いたときはまさかと耳を疑い信じられませんでした。テレビの映像を見て本当にショックで、未(いま)だに精神状態が良くありません。このような形でコメントすることを、ご容赦ください。
 

 一朗は小さい頃から発達障害があり大変育てにくい子でしたが、私なりに愛情をかけて育ててきました。
 

 中学生の時、不登校になり、家庭内での生活が乱れ、将来を心配して定時制高校に入れること、また自立支援施設に入れることを本人に提案したら、素直に応じてくれ、高校の3年間と職業訓練校の1年は資格も取り、車の免許も取り、無事に就職もできました。 しかし、入社後は、仕事がうまくいかず落ち込んでしまい、1年足らずでやめてしまいました。
 

 その後はかなりの自信喪失で自殺をほのめかすようになりました。昔から岡崎のおばあちゃんに懐いており、一緒に暮らしたいと本人も希望していたので、岡崎へ行かせました。私の提案で岡崎のおばあちゃんと養子縁組をし、居場所を確保しましたが、結局居づらくなったようで、何度か家出を繰り返しました。家出中も何度か電話で話す機会があり、その時も自殺をほのめかしていました。「無理やりにでも連れ戻していたら」と、いまは悔いが残ります。すぐにでも帰って来て欲しかったですが、また同じことを繰り返すのではと思い強く言えず、なんとか自力で帰ってくるように促していました。
 

 今回このようなことになり、どちらかといえば正義感があり優しかった一朗が極悪非道な、一生かけても償えない罪を犯したことに未だに困惑しています。受け入れ難く、やり切れない思いでいっぱいです。事実を直視するのには、まだ時間がかかると思います。このようなことを申し上げていい立場にあるのかわかりませんが、しばらくの間、そっとしていただけるとありがたいです。

小島容疑者が両親とともに、中学まで一緒に暮らしていたという姉。
 
近しい親族の中では唯一メディアに出てきてない人物であり、年齢や現在の様子などについては不明なところが多く残されています。
 
ただ、父の現年齢が20代の子供がいる世代にしては若いことを考慮すると、あまり歳は離れてないように考えられそうです。

祖母

現在81歳
 
両親とのトラブルや離職を受け、小島容疑者みずから身を寄せるようになったのだといいます。
 
以下の伯父とともに、コメントを残しています。

祖母は「夢じゃないのかと思う。まさかあの子が…」と話した。伯父は「人に危害を加える印象はない」と振り返りつつ、「大変申し訳ありません。亡くなられた方もいて、お悔やみ申し上げます」と謝罪した。

伯父

現在57歳
 
家出を重ねるようになった小島容疑者を連れ戻したりしながら、生活を送っていました。

その後、祖母の家に身を寄せるようになったが、家出を重ね、長野県から祖母や伯父(57)が連れ戻したこともあった。

スポンサーリンク

小島一郎の経歴と過去

小島容疑者の経歴について時系列でまとめると、こんな感じ。

1996年 愛知県一宮市で生まれる。
 

2010年 このころから両親との関係が悪化。定時制高校と自立支援施設(5年ほど)を両立し、卒業後は職業訓練校に1年だけ通うようになる
 

2015年 埼玉県内に本社がある機械修理会社に入社。愛媛県で勤務していた
 

2016年冬 人間関係のトラブルをめぐって、離職(この間、精神科へ通いつめていたことも)
 

2016年4月 離職によって両親ともトラブルとなり、実家を出て祖母の家へ泊まることに
 

2017年冬 祖母の家でも家出を重ねるようになり、この時期から「旅に出る」と言い残して姿をくらませた

新幹線に乗っていた理由も、”就活”ってわけでもありませんし、ハッキリしていません。
 
衝動的に行ったとされていますが……普通、新幹線にナタとか持ち込みますかね?
 
飛行機のように、手荷物検査をしたほうがいいような気もします。

通っていた高校は?

愛知県一宮市の定時制高校に通っていたことは、複数メディアからも明らかとなっているので、市内では2つしかない

・県立一宮高校
・県立起工業高校

のどちらかに絞られます。
 
学校名までは明らかとされていませんでしたが、母のコメントで

・将来を心配して定時制高校と自立支援施設に入れること

となっているので、高校はさほど距離が離れてない場所に通っていたと考えられそうです。
 
ただ、どちらも近場の自立支援所まで車で20分ほどで着いちゃうんですよね。
 
家から近いところ……とかになるのかもしれません。

まとめ

小島一朗容疑者の家族構成と過去の経歴を紹介していきました。
 
各メディアで「精神の病気があった」というニュースが流れていることから、彼には自閉症があったのでは?と指摘する記事もありますが、これはどうなんだろう……?
 
ちゃんと専門的に検査を受けた上での発表ならいいんでしょうけど、いまのところそのような情報はありませんからね。
 
こういった部分は、今後の続報を待ったほうがいいのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

おすすめの記事