2018年の夏ドラマでも注目されている、dele(ディーリー)。
 
このタイトル、実は『かなり深い意味が込められていた』ことをご存知でしょうか?
 
今回は、

この名前に込められているものって一体なに?

ということについて迫っていきました!

スポンサーリンク

dele(ディーリー)のタイトルの意味!

deleとは、英語で

削除する

という意味。
 
あまり聞き慣れない単語かもしれませんが、delete(デリート)の動詞と言えば、簡単に分かってしまう言葉なんですよね。
 
最初に検索した時「スペイン語検定がどうのこうの」って出てきたので、中世チックなものが隠されているのかな……とか思ってしまいました(´・ω・`)

作品に込められた「テーマ」とタイトルの関連

話は変わりますが、deleのドラマの内容は

デジタル遺品をすべて「内密に」抹消する仕事

を中心としたお話。
 
生前に残していた『バレては困る情報』を、他人が奪ったり漏洩する前に”削除”してしまおう……とするものとなっています。
 
これ、ぼく最初に読んだときにこう思ったんです。

「最終的に削除がテーマなら、タイトルも分かりやすくDeleteで良かったんじゃ?」

と。
 
ただ、作品をいろんな観点で探っていくと、このタイトルでは『不都合』が生じてしまうことも発覚したんです。

スポンサーリンク

「依頼を受け、”動き回って”削除する」のが仕事

まず、ドラマの予告を見てみましょう。

たかだか30秒ほどしかない動画ですけど、とてもデータ抹消だけを仕事としているようには見えないくらい、動き回っていますよね。
 
なぜ依頼人は、直接データの入ったパソコンや機器を持っていかないのか。
 
それは、

外に持ち出すのが困難なほど「重大なデータ」が入っているから

なのかもしれませんし、

運べないくらい厳重に管理されているから

なのかも知れません。
 
そもそも「バレては困る案件」ばかりを取り扱っているため、依頼してくる人の手をつかって情報端末を持ってこさせるより、自分たちが行ったほうが都合がいいに決まっています。
 
だから、彼らは自らの身体を酷使し、依頼人の元へ向かうのです。
 
リアルタイムで動きながら、デジタル遺品を抹消しに行く……
 
これを動詞「dele」で表さなかったら、なんとも”捻りがなさすぎる”タイトルになってしまいますよね。

すでに「Delete」で酷評されている作品がある

また、単純に「Delete」そのものが使えない……という理由もあります。
 
2003年に公開された映画で、この英単語が使われているためです。

Amazonの評価などを見てもらえば分かりますが……まあかなりの酷評です(´・ω・`)
 
脚本もボロボロ、撮られたものはシロウト以下、出演者の魅力の無さ、などなど。
 
ジンクスを信じない!って人には理解しがたい内容かもしれませんが、過去に低評価を受けたモノ(名前など)をそのまま流用した作品って、なんとなく一緒に評価が下がってしまうように感じるんですよね。
 
なんかこう、”評判が落ちる”運がまとわりついてくるビンボー神、みたいな?
 
単に「delete」よりは「dele」のほうが人の目を引くっていうのもあると思いますが、こういったものも加味されているのかなぁと考えています。

坂上圭司(山田孝之)が車いすの理由も気になる

さらに、ダブル主演の1人・坂上圭司(山田孝之)が「車いす」で移動するようになった理由も、気になるところ。
 
彼はデジタル遺品を抹消する専門会社「dele. LIFE」を立ち上げた”社長”の立ち位置にいることは判明していますが、なぜ足を悪くしてしまったのかについては、ドラマ内では不明となっています。
 
これ、深読みすると

過去の依頼でムリをしたことで、後遺症が残ってしまった

というようにも読み取れる……と思ったんです。
 
原作とは違ってオリジナルストーリーで展開される本作ですから、このあたりの理由付けもどうなってくるのか、楽しみなところ。
 
(一応、原作では「学生時代の難病による感覚麻痺が原因」と明かされています)

まとめ

dele(ドラマ)のタイトルの意味ってなんだろう?ということから、ストーリーに込められた意味について迫っていきました。
 
名詞の「Delete」ではなく、あえて馴染みのうすい動詞の「dele」を採用してくるあたり、しっかりとした脚本となっていることが期待されますね。
 
動き回って依頼人の仕事を完遂する2人の勇姿、見届けたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!