毎年多くの人を惹きつける、ペルセウス座流星群。
 
今回は、流星群を見るための情報(ピークや方角)に加え、岡山で観測できるスポットや穴場などを紹介していきました。

スポンサーリンク

2018年のペルセウス座流星群のピークはいつ?

国立天文台の情報によると、2018年のペルセウス座流星群は

8月12日~13日にかけての夜(午前0時~2時)

にピークを迎えると予想されています。
 
極大(流星群が活発になる時期)は、13日の午前10時。
 
日中での観測は難しいですから、この日の夜……ってことになるんです。
 
今年の空は月明かりの影響を全く受けない「新月」となっているため、その日の天気さえ良ければ、絶好の観測年となります。
 
去年は真逆で月明かりがギラギラでしたから、いつも以上に流星が夜空を流れるかもしれません。
 
流星群自体は12日の夜から出現しているので、あまりこの時間帯にとらわれずに夜空を見上げてみましょう。

福岡での観測に最適な方角

観測に最適な方角としては、ペルセウス座が存在する

北東の空

となります。

が、ずっと一点を見つめるよりは、空全体を広く見渡すようにしましょう。
 
流れた星の方角を平均してみると、反対側で見ていて数が変わらないことが、国立天文台において実証されているためです。

しかしこれは、ペルセウス座の方向だけに流星が出現するということではありません。
 
流星は夜空のどこにでも現れます。
 
例えば、放射点とは反対の方向を見ていても、平均すれば、放射点の方向を見たときと同じ数の流星を見ることができます。

ペルセウス座流星群は「ペルセウス座」の近くにある”放射点”を中心に、マンガの強調線のように星が流れていきます。

よく星がぐるぐる巻きになっている写真とか見かけることあると思うんですけど、これは放射点を基準にシャッタースピードを遅く撮影しているからなんです。

ここまで行かないにしても、スマホで手軽に撮影ができるアプリもありますので、別記事で紹介しています。

スポンサーリンク

岡山のおすすめ観測スポット

岡山で観測するなら「ココ!」というスポットをまとめました。

井原市星空公園

1987年に開催された「全国スターウォッチングコンテスト」において、環境庁から「星空の街」に選ばれた”日本三選星名所”の1つ。
 
光害を防止する条例まで制定されていることから、星空を眺めるにはピッタリな場所となっています。

住所:井原市美星町宇戸1165番地54
アクセス:「山陽自動車笠岡I.C」から約30分

是里農村公園

ぶどう作りとしても有名な場所。
 
公園内にはワイン記念館やバーベキューハウスなども整備されており、きらびやかな都会を忘れさせてくれるひとときを過ごせるでしょう。

住所:赤磐市下市344
アクセス:「山陽IC」から車で45分

アストロコテージガリレオ

360°どこでも見渡せるほど広大な土地で、光がほとんどありません。
 
宿泊もできるので、もし考えている人は「空き室情報」もチェックしておきましょう。
 
また、すこし南下すると、かつて”ストックファーム”として使われていた「きびの森植物園」に行くことができます。
 
花々に囲まれながら夜空をみることもできる、おすすめの土地です。

住所:岡山県加賀郡吉備中央町下加茂1506-109
アクセス:岡山ICから車で約40分

美咲町・さつき天文台

毎年スターウォッチングを開催している、撮影にはもってこいの場所。
 
天文台に併設されている望遠鏡では、土星の輪がハッキリ見えるほど高性能なものとなっています。

住所:久米郡美咲町下谷347-6
アクセス:津山ICから車で約30分

 

真庭市・蒜山(ひるぜん)高原

ジャージー牛の産地としては、日本でも最大級。
 
遊園地やサイクリングなどもできる広大な高原は、観光名所として全国からレジャー客が訪れるほど人気です。

住所:真庭市蒜山上福田
アクセス:蒜山高原SAから車で約10分

まとめ

ペルセウス座流星群が見れる、岡山のスポットなどについてまとめていきました。
 
暑さが続く夜となりそうですが、しっかり対策をしてから現地に向かうようにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

おすすめの記事