今年も放送される「音楽の日2018」。
 
Twitterを見ていて気になったんですけど、例年「容量不足で録画ミスった!」って人が続出しているみたいなんです。
 
そこで今回は、いったいどのくらいのキャパを確保しておけば安心なのか、録画するために必要な「空き容量」についてまとめていきました。

スポンサーリンク

「音楽の日2018」のために確保すべき容量は?

結論だけ書いてしまうと、

時間は「14時間以上」
容量は「130GB以上」

ほどの空きが必要。
 
500GBの機器を使っている家では1/4くらい、1TB(=1000GB)の機器を使っている家では1/8くらいは容量を確保しておかないと、番組の途中でブツ切りされてしまう危険が出てきます。
 
ほとんどの人は最高画質「DR」のままで録画すると思うので、どんなメーカーの器械を使うにしろ、このくらいの容量は”最低限度”といってもいいでしょう。

なぜこのくらいの「空き」が必要?

ブルーレイレコーダーの最大画質「DR」で録画した時、一時間あたりで9~10GBの容量を消費します。
 
音楽の日は第一部・第二部を合わせて14時間ほどの生放送となりますから、

14×9=126GB

ほどの空きが必要となるんです。
 
画質を落とせば、もっと長時間の録画も可能とはなりますが、せっかくの音楽ライブを荒い画面で見たくはありませんよね(´・ω・`)
 
メーカーによっても違いがありますが、推奨されている「録画画質の目安」を紹介します。

録画画質見え方番組のノイズ具合
DR放送されている画質そのまま。
YouTubeだと「1080p」くらい。
全ての番組でOK
XPDVDの高画質ver。
YouTubeだと「720p」くらい。
スポーツ・音楽番組でノイズが入る
SPDVDの中画質ver。
YouTubeだと「360p」くらい。
上記に加え、アクション映画などでノイズが目につく
EPDVDの低画質ver。
YouTubeでいう「144p」くらい。
ほとんどでノイズが発生

上記の録画画質で、実際にライブ映像を見てみてください。
 
ある程度のイメージはつかめると思います。

ネットでライブを視聴する方法も!

今回の番組とは別に、アーティストやグループのライブを見るのに最適なものとして、動画配信サービスがあります。

過去の他番組であったり、アイドルやアーティストのライブが丸ごとアップされているのを、容量なんて気にせず観れる……
 
まさに「最高の環境」だと思うんですよね(´・ω・`)
 
ライブだけってのもあれですから、見飽きたらドラマや映画を漁ってみてもOK。
 
常に40,000本以上の作品が見れるので、自分好みのものに出会えること、間違いありません。
 

まとめ

音楽の日2018を録画するためのHDD容量について、まとめていきました。
 
だいたい14時間ほどの生放送となりますから、容量的には「130GB」ほど必要になると考えられますね。
 
需要あるのか分かりませんが、自分も一回だけ、年末のガキ使で録画ミスしたことあるので……
 
気になった人は、自分の家にある説明書などもチェックしておきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

おすすめの記事