宮城県大崎市にある鳴子峡(なるこきょう)では、毎年秋になると紅葉を見にくる観光客でいっぱいになります。

見頃の時期になると渋滞も予測されますから、事前に情報を集めておくのが吉なんですよね。

今回は、2018年の鳴子峡の紅葉の見頃とともに、オススメの穴場スポットについてまとめていきました!

スポンサーリンク

鳴子峡の紅葉の見頃はいつ?

鳴子峡の紅葉のピークは、例年だと10月下旬~11月上旬ごろ

巨大な岩や奇岩とよばれる岩と、松の雄々しい森が迫力あふれる鳴子峡は、見事なV字をした断崖絶壁の内側にあふれる紅葉の景観によってとても美しいスポットとして知られています。

遊歩道が整備されており、峡谷の中を様々な角度から観賞し、紅葉を楽しむことができるんです。

ただ、そのような地形の関係もあって、関東と比べると見頃を迎える時期はやや遅れ気味。

10月中旬頃から紅葉が始まり、10月下旬から11月上旬にかけて一気にピークを迎えるととらえておきましょう。

鳴子峡へのアクセス方法

鳴子峡へ行く方法としては『車』か『電車とバスもしくは徒歩』という2通りがあるのですが、紅葉シーズンはとにかく周辺道路が渋滞し、大混雑しますので注意が必要です。

後ほど「混雑状況のピークは?」の欄で紹介していきますが、基本的には早めに家を出発していくようにしましょう。

車の場合

アクセス
東北自動車道『古川IC』を降りて、国道47号線沿いに1時間ほどで到着

電車&タクシー・徒歩の場合

アクセス
・JR陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)の『鳴子温泉駅』から車で10分、徒歩30分
・JR陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)の『中山平温泉駅』から車で5分、徒歩30分

混雑状況のピークは?

紅葉が始まるシーズンになると、土日祝日は終日、観光客やツアー客で賑わいます。

レストハウスの駐車場が激混みするため、片側1車線で追い越し禁止の国道47号線がとにかく大渋滞を起こします。

できれば、平日でも午前9時までには到着しておきたいところです。

土日祝日は、駐車場のオープン時間前からの行列と、それにともなう国道の渋滞を覚悟していくか、最寄り駅まで電車できて、最寄り停留場の一つ前で降りて歩くことをおすすめします。

さほどの距離ではありませんし、峡谷周辺の紅葉を眺めながら散策を楽しむこともできますので、あえて周辺をぐるっと回るのも一つの手かもしれません。

スポンサーリンク

鳴子峡のおすすめスポット

①レストハウスの見晴台

鳴子峡の駐車場となっているレストハウスにある見晴台は、向かいに大深沢橋と鳴子峡を一望する有名な写真スポットです。

雑誌やテレビでよく使われている鳴子峡の風景は、ここから撮ったものが多く、常に観光客で賑わっています。

開店直後(10時~)であれば空いていることも多いので、一番乗りのつもりで出発すると良いですね。

②大深沢橋

レストハウスから、遊歩道を歩いていくと着くのがこちらの大深沢橋。

鳴子峡といえば、切り立った絶壁の中、紅葉の海に浮かぶ鉄橋を思い浮かべる方も多いですよね。

大深沢橋は、まさにそのすべての要素が詰まっている鉄板のスポットなんです。

上からの眺めもまた格別ですから、奇岩と紅葉の見事なコラボレーションを堪能しちゃいましょう。

③峡谷内の鉄橋

中山平方面に遊歩道を進んでいくと、ピクニック用のイスとテーブルが備わっている場所にたどり着きます。

そこから断崖絶壁を見下ろせるように、JR陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)が走っているのですが、これがかなりの穴場スポット。

木々と岩の間を縫うようにして、トンネルから鉄橋がかかっている様子がよく見えるのは、ここと上記の「大深沢橋」しかないんですよね。

運がよければ、電車が通るタイミングを見ることができるかもしれません。

④大深沢遊歩道入口駐車場脇の展望台

2010年に新しく作られたばかりのこの展望台からの眺めは、峡谷の高さがよくわかり迫力満点です。

もちろん、紅葉の美しさも堪能できますので、是非のぼってみてください。

⑤新中山平遊歩道の見晴し台

ちょうど鉄道の真上あたりに位置する見晴らし台で、のどかに走る鉄道と険しい岩や木々の迫力あふれる峡谷のようすが一望できる、隠れた絶景スポット。

紅葉がとてもきれいに見えるので、おすすめです。

紅葉狩りを楽しもう!

鳴子峡の紅葉は見頃時期が短いのですが、その分ピーク時の紅葉の明るく色濃い色彩はほんとうに美しいものです。

遊歩道も歩きやすく、秋の心地よい気候の中で大自然と紅葉を楽しむにはもってこいのスポットになっています。

付近の温泉で疲れを癒やすこともできますので、1泊旅行でも日帰りでも楽しめますね。

思い出づくりに、ぜひチャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!