8月15日に乳ガンのため亡くなった、さくらももこさん。

日本ではもちろんのこと、外国にも積極的に発信しつづけていた彼女ですから、今回の訃報に対してどのような海外の反応があるのか気になるところです。

今回は、さくらももこさんが亡くなったことによる海外の反応についてまとめていきました。

スポンサーリンク

台湾のネットメディアでは「トップニュース」に

日本の隣にある台湾のネットメディア「ETtoday星光雲」「蘋果日報」などでは、さくらももこさんの訃報を受け、新着のトップニュースとして報道されています。

記事を見たユーザーからは、弔いの言葉を述べている人で続出。

海外の反応
・世界に喜びをもたらしてくれて、ありがとう

・いつもマンガや映画を嫌う娘でしたが、唯一「ちびまる子ちゃん」だけは好んで視聴しています。あなたのおかげで、家族にとても素晴らしい思い出をもたらしてくれました。

・西城秀樹さんとまるこのお姉ちゃん、そしてさくらさん。3人とも、同じ天にある「さくら家」に同居しているんだと思います。いつまでも安心してお休みください。

・いままでありがとうございました。エッセイ本、楽しかった。もう二度と新しい本には出会えないんだな……

・もう「ちびまる子ちゃん」の新しいマンガは読めないの?悲しすぎる。

台湾といえば、台北駅の前に「ちびまる子ちゃんのスペース」があることでも有名ですよね。

日本以外のところでも、国民的に知られている作品であったことが伺えます。

Twitterを眺めていると「台湾のテレビで知った」とのツイートもあったので、ネットだけでないところからも情報が配信されているのでしょう。

さくらさん自身、台湾へ旅行した際にエッセイ本「さるのこしかけ」を書いていましたから、思い入れが強かったのかもしれません。

まとめ

さくらももこさんの訃報に対する、海外の反応をまとめていきました。

今のところ、台湾での書き込みが数多くなされている感じですね。

上記の「さるのこしかけ」ではインド旅行も書いていますから、そのあたりにも注目が集まりそうな気はします。

気になる書き込みなどあれば、追記しておきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!