週刊文春の「やらせ疑惑報道」によって、お祭り企画が休止となってしまったイッテQ。

ずっとメインで活躍し続けていた宮川さんの出番が、めっちゃ減るんじゃないのかな……?と心配になりますよね。

ただ、個人的にはテレビでの出演が無くなるということは”ありえない”と思っています。

今回は、イッテQにおける宮川さんの今後についてまとめていきました。

スポンサーリンク

イッテQにおける宮川の今後はどうなる?

Twitterを見ていくと、宮川さんの今後について気になる人が続出。

放送が始まると、「出番とかどうなるんだろう……?」と心配する人のツイートであふれていました。

①「宮川探検隊」が出番の中心になる?

宮川さんといえば「お祭り」企画のイメージが強いですが、彼にはもうひとつ、不定期に開催されている「宮川探検隊」のコーナーを任されています。

これまで放送された回数は、2016年11月と2017年2月の2回。それほど多くはありません。

ただ半年に1回くらいのペースで放送されているため、もうじき第3弾を放送してもいい時期には差し掛かっています。

今回の週刊文春の件を受けて、これからは宮川探検隊が臨時のコーナーとしてレギュラー化する可能性があるんです。

②代わりの企画が新たに出てくるかも?

もともとイッテQは、定期的に新しいジャンルの企画を提案してくることで、視聴者を飽きさせない工夫をさせている番組です。

森山あすかさんとみやぞんが進行する「イッタっきり」の企画も、番組に新たな風を巻き起こそう!ということで、2016年の秋ごろから始まりました。

またイッテQは、基本的にレギュラー出演している芸人・タレントが受け持っているコーナーは2つと決まっています。

「”当面の間”休止する」と発表した以上、イッテQのスタッフも宮川さんの出番について困ってしまうはずですので、ここで新たなレギュラー化できる企画が発表されることも期待できます。

宮川大輔がイッテQを降板することは「ありえない」

ネット上では、イッテQの対応によって宮川さんの降板説が浮上しているようですが、これはありえません。

責任を取るとすれば、番組に出演している宮川さんではなく、お祭り企画を運営しているスタッフさんになるはずだからです。

当たり前のことですけどね(´・ω・`)

「今回はあくまでも局側の不祥事で、宮川さんには何の責任もありません。もしこれで宮川さんが降板なんてことになれば、さらに局へのバッシングが強くなってしまいます。なので、日テレとしても宮川さんの降板は避けたいと思いますよ。ほとぼりが冷めたら、宮川さんのために新企画を立ち上げるのではないでしょうか」

イッテQのことですから、今回のバッシングを逆手に取った対応をしてくるもんだと思っていたのですが……

真面目すぎるくらいのテロップ演出で、こんなこともあるんだな~と思った話題でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!