スポンサーリンク
ベンツを経費で落とす!リースや自営業でも計上することは可能です

高級車を経費として計上することは、しっかりとした実態があれば可能です。

仕事とプライベートで車を使い分けすることがベストですが、使用比率で分けてしまえば、法人でも自営業でも経費に落とすことができます。

今回は、高級車の代表として「ベンツ」を取り上げてみました。

スポンサーリンク

外車の勘定科目は「車両運搬具」

車を事業で使うときの勘定科目は、「車両運搬具」です。

新車としての購入でも、リースとして借りている場合でも、同様の項目でOKとなります。

新たに購入する場合は全額を経費として計上するのではなく、減価償却で処理しましょう。

(購入金額を耐用年数で割った金額を、各年度ごとの経費として計上する仕組み)

耐用年数は資産の種類ごとに定められています。

国税庁の耐用年数表でも確認できますが、ベンツなどの普通車は以下のとおりです。

新車と中古車における違い
新車:6年
中古車:法定耐用年数-経過年数+経過年数×20%(※小数点以下は切り捨て)

中古車の計算について、たとえば4年使っていた中古車であれば

6年-4年+4×0.2=1.2年

となるので、耐用年数は1年です。

これは車種や金額に関係なく、レクサスや軽トラックでも同じ仕組みとなっています。

なお、リースの場合は減価償却は必要ありません

毎月かかるリース料を、全額経費にできることが大きなメリットと言えるでしょう。

社用として使っている証明を残しておこう

例えば通勤用として車を使っている場合、

  • 走行距離計の記録
  • ガソリンスタンドの領収書

などが証拠となります。

例)

  • 片道10km×平日の通勤(土日祝日は休み)とするなら、年間で約2,440km
  • 一般的なメルセデス・ベンツの燃費は20km/Lほどなので、ガソリン200リットル

これらの消費した情報を記録として残しておけば、証明として役立ちます

フリーランスでも通勤用の経費として計上できる?

通勤に使っている実績があれば、フリーランスでも外車を経費として計上することができます

たとえば、仕事で提携している事務所に出向く場合。

「社用車として、実際に仕事で使っている」のであれば、経費として落とすことが可能です。

ただし、プライベートで使っている車を経費にするときは、仕事との使用比率を割り出さなくてはいけません。

仕事に使った分だけ経費として申告できるのが原則(家事按分)なので、車が走った距離に基づいてしっかり区別しましょう。

例)
ガソリン代1万円のうち、プライベートでは600km、仕事では400km走った

→使用比率は6:4となるため、4,000円だけ経費となる

上記の考え方は自動車税や車検、定期的な修理費用なども同様に処理することができます。

高級外車でも「実態があれば」経費にできる!

高級外車の経費化については、どんな業態であろうと「仕事として使っている」のであれば認められることが多いです。

ただし、業務に使っているのかどうかは、個人の裁量によるとしかいえません。

走行距離やガソリンの領収書を作ったとしても、安心はできないのが実情です。

認められなくなる例
ガソリンを経費として使うため、遠くまで遊びに行って写真をSNSにアップした

税務署職員に見つかってしまい、経費として認められなくなってしまった

まるまると経費にぶち込むのではなく、事実に基づいた経費の計算をしてくようにしましょう!

中の人のつぶやき

こちらもチェック!