今年もやってくる、勤労感謝の日。普段働いている人が身近にいたら、この日くらいは自分が身の回りのお世話をして労ってあげよう……って思う人も、多いかもしれません。

特に若い人からは、勤労感謝の日にプレゼントを贈る人も増えてきているんですよね。なにか彼氏が喜んでくれるようなプレゼントを贈りたいけど、どうしたら良いのかわからない……と嘆く人も多いはずです。

そこで今回は、2017年の勤労感謝の日に「働いている彼氏へ贈りたい」プレゼントということで、流行なども考えたモノを取り上げてみたいと思います!

スポンサーリンク

彼氏が喜ぶ贈り物ランキング!

ということで、ここからランキング形式で贈り物について見ていきましょう。

あまり多くてもしょうがないと思ったので、今回は”厳選”した3つの「本当にもらって嬉しいプレゼント」に絞っていきました!

第3位・マフラー

勤労感謝の日 マフラー

第3位はマフラー。これから寒くなることを考えて、防寒対策グッズを選ぶ人が増えてきています。

マフラーってクリスマスなんじゃないの……ってイメージする人もいるかもしれませんが、それでは身につける期間が短くなってしまいますよね。特に営業など外で働いている人にとっては、秋ごろから寒さ対策を意識しはじめる人が多いんです。

そこを先回りしてマフラーを選ぶ人は、めっちゃ賢い選択をしてる……って思いませんか?
そこらじゅうにあるサイトで「もらって嬉しいモノ」ランキングの上位にランクインしている理由は、まさにこれなんです。

自分で編み込むのが得意な人であれば良いのですが、実際「やる時間ないしできないかも……」って思う人も、少なくないかもしれません。
そういう時は、ネット通販で『2017 マフラー 新作』と検索をかけるのが吉。流行を取り入れたデザインのモノが数多く出てくるので、おすすめです。

普通に彼氏と一緒にショッピングして買ってあげるっていうのも、オツかも
スポンサーリンク

第2位・ネクタイ

勤労感謝の日 ネクタイ

第2位は、ネクタイ。身につけている時間が長いので、良いものを身に着けていたいっていう人、わりと多いんですよ。

特に秋はクールビズの季節も終了する「衣替え」の季節でもありますから、人によっては「ほつれも出てきたし、もうそろそろ新しいネクタイほしいなぁ……」って思う人も出てくるはずなんです。

どうせなら季節にあったネクタイを……ということで、個人的には暖色系のモノが良いと考えています。情熱的な彼氏さんなら赤色、爽やかに見せたいなら黄色といったように、彼氏の性格に合わせた色を選んでみましょう!

万が一、彼氏の性格と合わなさそうな色を選んだとしても、「これからこういったキャラも開拓してみれば?」と言えば逃れられる

第1位・温泉旅行

勤労感謝の日 温泉

僕が選んだプレゼントの第1位は、温泉旅行。モノで贈るのも良いんですけど、やっぱり「普段の疲れを癒やす」という意味では小旅行に連れて行ってあげるというのも一つの手だと思います。

もちろん宿を決めて行くのも全然ありですが、個人的にオススメなのは日帰りで行ける場所です。
泊まり込んでいくとなると、いつも過ごしている環境と違うことで無意識のうちに休まってないってことになりかねません。このあたりは人によると思いますけどね。

お休みの翌日は普通に平日ですから、そのあたりも考えたプランを考えていきましょう。

ぶっちゃけ遠出して泊まるのって、逆に疲れるんよね
スポンサーリンク

一番のプレゼントは、家族の団らんや子供の笑顔!

これだけプレゼントについて書いておいてアレですが、モノで贈るものはあくまでも脇役として扱うことをオススメします。

なぜなら、日々の仕事や家事の疲れを癒してくれるのは家族や子どもの笑顔だというデータが存在するから。
マクドナルドが2012年に行った『勤労感謝の日』アンケート調査では、以下のような結果が出ているんです。

「仕事や家事の疲れを癒してくれるもの」のトップは「子どもの笑顔」(67.0%)。
「睡眠」(57.5%)、「家族団らん」(53.7%)と続く。
家族や子どもとのコミュニケーションに『癒し』を感じている親が多い結果に。

パーセンテージを見ても分かる通り、6~7割近くの人が「人とのふれあい」を大切に思っていることが分かりますよね。今回は彼氏を対象としているので少し違うかも……と思ったんですけど、似たようなことはできるはずです。

極論、抱きつくだけでも十分な気持ちのプレゼントになります。



夜はどこかで食べるというよりは「お家でそろって晩ごはんを食べる」といったこととか。一日がお休みなら、どこかゆっくりできる公園などで散歩をするとか。下手したら、こちらのほうが何倍も喜んでくれるかもしれません。

プレゼントと会話を組み合わせて、最高の一日としたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!