教場(ドラマ)の結末を「退学or卒業できるキャラ」でネタバレしてみた【結局どうなる?】

フジテレビ開局60周年の特別企画として放送される「教場」。原作では各キャストの視点から描かれたストーリーとなっており、それぞれのキャラごとにオチが存在する作品となっています。

各章ごとのラストも単純で、「なにかやらかして途中で退学するか、最後まで残って卒業するか」のどちらかしかありません。

今回は、ドラマ版ではどのような結末になるのか、各キャラクターの”最後”についてまとめていきました。

ドラマ版「教場」の各キャラの結末

原作小説では、警察学校の生徒たちがメインとなってストーリーが進み、そこに風間(木村拓哉)が関わってくる……といった内容です。

各章ごとに短編としてまとめられており、それぞれのキャラの結末は以下のようになっています。

宮坂 定(工藤阿須加)⇒残留◯

ドラマ版「教場」のキャラ結末

平田の悪事を暴いたことにより、どんなことにも耐えることができる!と自信をつけます。原作ではそこで区切れており、宮坂の「その後」が描かれていませんが、終わり方から察するに「卒業することができた」と言っていいでしょう。

ドラマ版では、ストーリーにオリジナル要素が出てくるかもしれません。

平田 和道(林遣都)⇒退学×

ドラマ版「教場」のキャラ結末

落ちこぼれの負い目から起こした「有毒ガス事件」により、そのまま学校から去ってしまいます。宮坂にバレて終わっちゃう結末ですね。

ドラマのお手本と言っていいレベルの悪役です。

楠本 しのぶ(大島優子)⇒残留◯

ドラマ版「教場」のキャラ結末

岸川との「ひき逃げ事件」のエピソードを経て、最後まで残ることができたキャラです。いったん退学することも考えていましたが、原作では宮坂の「警官になれる素質がある」という言葉で思いとどまり、松葉杖をつきながら授業に参加するシーンで終わっています。

身体がボロボロになりながらも受講しているということは、卒業できるキャラの一人だと言えるでしょう。

岸川 沙織(葵わかな)⇒退学×

ドラマ版「教場」のキャラ結末

楠本とのイザコザにより、脅迫状の犯人であることがバレた岸川は、章の最後で退学しています。作中では隠れながらエゲツないことをやっていたので、しょうがない……

日下部 准(三浦翔平)⇒残留◯

ドラマ版「教場」のキャラ結末

作中では、ボヤ騒ぎを起こした真犯人・尾崎(樫村の先輩)を無罪にするため、樫村から「無実の罪」を着せられるキャラです。最後はキムタクに真相を見抜かれて、残留することになります。

卒業シーンまで描かれてない人物ですが、おそらく最後まで残っているんでしょう。

樫村 卓実(西畑大吾)⇒退学×

ドラマ版「教場」のキャラ結末

日下部を犯人に仕立てあげ、自身の先輩である尾崎を無実にしようとした張本人。こちらもその後は描かれていませんが、作品の流れから「退学した」可能性が高いと思います。

都築 耀太(味方良介)⇒卒業◎

ドラマ版「教場」のキャラ結末

これだけ二重マルにしている理由は、原作では唯一、卒業シーンがハッキリと描かれているキャラのため。文集に書いたことは絶対という学校の慣習を利用し、自分を追い詰めた「度胸」を風間(木村拓哉)に認めてもらっています。

これから警察官として活躍していけるであろう姿が、いきいきと描かれた人物と言えるでしょう。

まとめ

キャスト陣の結末がどうなるのか、原作のオチを紹介していきました。退学と卒業の比率は、だいたい50%ずつといったところでしょうか。

原作版での結末なので、もしかするとドラマ版だと違ってくる可能性もあります。オリジナルキャラとして、上記の他にも何人か出演していますし……おそらく原作の名前違いなのかな?

菱沼 羽津希(川口春奈)⇒?

南原 哲久(井之脇海)⇒?

枝元 佑奈(富田望生)⇒?

石山 広平(村井良大)⇒?

他のキャラについては、番組が放送されてから追記したいと思います。

中の人のつぶやき

こちらもチェック!