近年の女優やモデルでは当たり前とされている、整形。
 
テレビに出るたびに整形疑惑が持ち上がる人もいますが、そもそもどんな病院に通っているんだろう?と気になった人もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、芸能人が通っている整形外科について、特に「御用達」として有名な場所をまとめていきました。

スポンサーリンク

芸能人はどこで整形しているの?

共立美容外科

現在、最も多くの芸能人の整形手術・治療を受け持っているといっても過言ではない美容外科。
 
地元だけで活躍するアイドルや露出の少ない女優など、主に「アマチュア」と呼ばれる人たちが使っています。
 
ホームページ上でも「芸能界で活躍する人向け」の紹介記事を作っていることから、人前に立つことが多くなってきた人でも安心して利用できるよう、設計されているんでしょうね。
 
ただ、誰でも知っている大物女優やアイドルだと、使うことは少ないところでもあります。
 
どうしても身バレしてしまう可能性をはらんでいるため、そのような人たちであれば「プライベートクリニック」を使うことが多いからです。
 
(これについては、後に書いています)

高須クリニック

院長自らがTwitterで発信していたり、従属のドクターが独自のブログを持っていたりすることが特徴的な、高須クリニック。
 
昔は芸能人も使っている外科と言われていましたが、最近ではメッキリ聞かなくなってしまいました
 
院長の白黒ハッキリした物言いや、それによって引き起こされるネット上のざわつきによって、とばっちりを防ぐためなのかな……と思います。
 
しかし、施術の腕は確かです。
 
知り合いに高須クリニックでちょっとした整形(ガッツリ一重→二重)をしたって人がいたので見てみたんですけど、「整形した」と言わなければ分からないほど、キレイな線を描いていたので。

湘南美容外科

2018年4月に、こちらで「二の腕脂肪吸引」の美容整形手術を行ったことで注目を浴びている、タレントの矢部みほさん。
 
実際のモデル&患者がホームページで広告塔を務めている、美容外科としては珍しいところです。

他の医院と比べて低価格である部位が多いため、そこまでお金にゆとりのない若いモデルがメインで使っている印象がありますね。
 
クリニックによって、スタッフとドクターの評判にかなりの違いが出ていることも事実。
 
芸能人たちもそれを熟知していて、評判が一番いいと言われている「新宿院」へ足を運ぶことが多いんだといいます。

リッツ美容外科

主に物理的な整形手術(骨切りなど)をメインとして取り扱っている、リッツ美容外科。
 
どちらかというとヒアルロン酸の注入などは苦手分野になってくるため、骨格から変えたい!と考えている芸能人以外は使っていない印象があります。
 
また2ちゃんねるでは整形に関する事故の話も出ているので、評判を気にするモデルさんなどは足を踏み入れにくい雰囲気もあるかもしれません。
 
院長の広比(ひろべ)先生、めっちゃイケメンなんですけどね(´・ω・`)

スポンサーリンク

芸能人が本当の御用達として使っているのは、真崎医院

実のところ、大物芸能人が”真に”利用しまくっているとウワサされているのが、こちらの真崎医院
 
20年もの間『共立美容外科』の総院長として在籍していた真﨑信行先生が、2007年に独立してプライベートクリニックとして立ち上げた整形外科です。
 
なぜ総院長を退いてまで個人の病院を立てたのか、その理由は主に2つほど考えられます。

① 芸能人の身バレを徹底的に防ぐ
 
② インターネットやテレビCM・駅ナカなどでの広告・告知を一切していない
 
③ 求人情報に「芸能人ご用達」と明記されている

一つずつ見ていきましょう。

芸能人の”身バレ”を徹底的に防ぐプライベートクリニック

まず最初に挙げられるのが、芸能活動をしている女優・アイドルの身バレを防ぐための『プライベートクリニック』であること。
 
ネームバリューや規模の大きい病院だと、どうしても人の出入りが多くなるため、一般人と接触してしまう可能性が高くなってしまうんですよね。
 
いくら予約制をとっていても、芸能人が道中で一般の人とバッタリ出会ってしまえば、またたく間にウワサとして広がってしまいます。
 
その点、真崎医院は人通りがあまりない「代官山」の裏路地に立地。
 
周囲には人が立ち寄るようなお店も少なく、アパートやビルが並ぶばかりですから、人目を気にする必要がありません。

広告や告知をしていない

また、真崎医院はインターネットやテレビCMなどで広告を打つことや、駅ナカなどでの大々的な告知を一切していません。
 
これも、芸能人が本当に安心できるクリニックとして使ってもらうための戦略の一つなんじゃないかな……?って思うんですよ。
 
その理由は、美容整形外科は基本的に「自由診療」のため。
 
保険適用がされない診療科目ということは、国からの補助などもありませんから、「利益を上げること」を目的に病院を運営していかなくてはいけません。
 
それなのに、整形を全く知らない人のための呼び込みが一切ないっていうのは、そもそもの顧客がいる前提でないと成り立たない話なんです。
 
もともと共立美容外科の総院長だったことも考えると、プライベートで来る芸能人のウラ事情を知っている可能性も高くなります。
 
そうなってくると、なるべくひっそりと病院を経営していたほうが固定客もつきますし、お互いのためになりそうですよね。

求人情報に「芸能人ご用達」と明記されている

さらに。こちらの病院の求人情報を見てみると「芸能人も使っている」と書かれているのがありました。

給与
【年収】3,800,000円~
【月給】300,000円~
【給与】
月給30万円以上
(試用期間3ヶ月は、27万円)
*別途諸手当有り
 
【クリニック詳細】
芸能人もご用達の美容外科クリニックです。院長の真崎先生は日本美容外科医師会認定適正医療機関の発起人として審査員長を勤めており、美容外科全体の健全な発展に貢献しています!

もう、ここまでくれば「ご用達」は確実と考えてもいいでしょう。
 
個人で行っている病院で、このような詳細が書かれているところ、ぼくは他に見たことありません。

やはり芸能人は「ひっそりと」に通っている……

芸能人の通う整形外科について、まとめていきました。
 
よくネットでウワサになっている病院などもありますが、個人的な見解をもとに「芸能人が行っているところ」のランク付けをしていくと、以下のようになります。

共立美容外科 A
高須クリニック B
湘南美容外科 B
リッツ美容外科 C
真崎医院 S

ちなみに、芸能事務所を提携していることをうたっている美容外科・整形外科もありますが、たいていはウソか質の低い病院と見ていいでしょう。
 
人を呼び寄せるために行っているだけで、実際の症例がほとんどないところも存在していますからね。
 
もちろん、人の目にさらされることが多い女優やモデルであれば、このあたりのことをしっかり考えなくてはなりません。
 
ほとんどの芸能人たちは、以上のような大手に通っていると考えるのが妥当だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

おすすめの記事