11月9日にMステ出演が決定している、防弾少年団(BTS)。

ファンの間では非常に嬉しいとの声が上がっている一方で、日本のメディアでは「ジミンの着ていた原爆Tシャツ」に注目する記事が目立つようになりました。

そもそも、このTシャツってどこから販売されているものなんだろう……と気になったので、調査していきました。

反日疑惑についてはこちら↓

スポンサーリンク

「原爆Tシャツ」は韓国ブランド「ourhistory」から販売されている

ジミンの着ていた原爆Tシャツは、韓国で展開されているブランド「ourhistory」のホームページから販売されています。

【BTS】ジミンの原爆Tシャツのブランドと購入できる場所まとめ

ourhistory「bomb Long-Sleeve_white」

値段は49,000ウォン。この記事を書いている11月9日現在、日本円で約4,990円となっています。

話題になっているためか、ショッピングページで検索してみても、すぐに見つけ出すことが可能ですね。

なお、日本からは取り寄せることができません。

韓国に住んでいる友達に頼むか、メルカリなどで販売されることを期待するしかないようです。

原爆Tシャツの英語の意味

ジミンがTwitterにアップした、こちらの写真。

【BTS】ジミンの原爆Tシャツのブランドと購入できる場所まとめ

フランスと韓国の文化交流行事があった際、上記のような英字がプリントされたTシャツを着ていたんです。

いたって普通の風景に見えますが、こちらのTシャツに書かれている内容が「反日まるだし」の文章であったことから、反感の目が集まるように……

【BTS】ジミンの原爆Tシャツのブランドと購入できる場所まとめ

何度も繰り返されている英単語を翻訳していくと、

PATRIOTISM:愛国心

OURHISTORY:私たちの歴史

LIBERATION:自由

KOREA:韓国

といったように、かなり偏った考えが書かれていることが分かります。

ただ、このTシャツは

原爆投下→日本降伏→朝鮮民族の解放を願う

といったスタンスで誕生したため、侮辱ではなく『国が解放されたことを喜ぶ』ことを意味した内容なんです。

それでも、キノコ雲の写真が載せられていたり、上記のような英単語が羅列しているところを見ていると、勘違いしてしまう人は出てきますよね。

実際、ネット上では画像を取り上げながら「BTSって反日なのでは?」と騒動になっています。

国際的にも有名なBTSメンバーとして、ジミンが着ていることで問題となったんですから、仕方ない部分はあるのかもしれません。

デザイナー会社も謝罪する騒動に

Mステへの出演も取りやめとなったことから、この原爆Tシャツデザインを世に送り出した「LJカンパニー」のイ・グァンジェ代表が謝罪することとなりました。

反日などの意図はなく、テレビ出演も無くなったことに申し訳ないと述べながら、Tシャツについて以下のようなコメントを残しています。

「ブランドをスタートさせた当時、ストリートファッションが流行していた。そのとき、私自らが歴史に関心を向けており、若者たちが着るファッションに歴史意識を込めれば、少しでも歴史に興味をもってもらえるのでは、と考えて(Tシャツ)をつくった」

「その部分(原爆によるキノコ雲の写真)は、日本をばかにするような気持ちはなかった。原爆が投下され、日本が無条件降伏したために、韓国は解放されたという歴史の順序を表現するものだった」

それにしても、あの写真を使っていることに違和感があるのは変わりませんけどね……

一部の『小さな』ネットの声に注意しよう

ジミンが着ていた原爆Tシャツに注目が集まっていたので、どんなブランドなのか迫っていきました。

ネット界隈を見ていると、なんだか左翼チックな意見が多数ありますけど……

個人的には、ジミンは日本に対して何かしら”マイナスなイメージ”を持っているとは言えないと思いますね。

「事務所から指示されて、致し方なく着ていた」とする擁護の声もありますし。

防弾少年団(BTS)の反日行為は事務所指示だったという話がツイッター上で広がっているようです。BTSメンバーのこれまでの反日行為は彼らの意思ではなく事務所の指示でやっている・・・?Birdが発売中止になったのも残念がっている・・・?

Mステの放送当日になれば、本当にやばいのか分かることでしょう。

一部の声(批判)を、あたかも全体の意見のように書いているニュース記事には注意したいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!