前回は元添削者の視点から「税の作文の書き方のコツ」をまとめましたが、今回は文章そのものの「パクリ」ってどうなるんだろう……ということに焦点を当てて紹介していきます。

結論としては「パクったヤツの将来は悲惨」なので、ちょっとでも思い当たることがあったら修正しておきましょう。

スポンサーリンク

税の作文のパクリがバレないと考えるのは『大間違い』

税の作文は「国税庁」が直々に行っている、いわば国の行事。

民間企業が協賛してお金を出している読書感想文と違い、非常に厳しい審査基準が課せられているんです。

あなたの作品を何人もの添削者が読んでいきますから、パクリがバレないと思うのは大間違いです。

パクリがバレたらどうなる?

税の作文でパクリがバレた場合、その事実が提出元の学校に伝えられ、内申点や進学先に響きます

特に盗作は「重罪」で、提出した人の名前・学校名がブラックリストに載せられるんです。

「少しだけなら大丈夫でしょ」
「ちょっと文章を変えちゃえばバレない」

こんな感じでズルいことを考えながら提出してくる人もいますけど、一日に何百・何千と読んでいるこちらの身としては、そんなのお見通し。

ちょっと検索すれば、すぐにヒットします。

パクリで出してくる人の割合は、体感的に

Yahoo!知恵袋の質問&回答が7割
他ブログなどが3割

くらいかなぁ……と思いますね。

審査基準について

「どうせあんたウソのことを書いてるだけでしょ?」と思う人もいるかもしれませんから、審査基準も載せておきましょう。

指定の原稿用紙の右下にある、こちらの4つの空白ボックス。

税の作文のパクリがばれた!バレないと思っている人はコレを読め

これは「採点欄」として使われる部分であり、それぞれの合計点で評価が下されます。

文章の組み立て方や説得力などを総合的に判断し、25点ずつで割り振っていって合計で100点満点となるイメージです。

盗作と見なされた場合は、全部・一部・書き換えなどに限らず、ここの欄が「×」として採点されます。

最低点の「0点」ではなく、「×」。

数字と記号の違いによって、あなたが盗作した事実はずっと残るんです。

この採点結果とブラックリスト入りが学校に伝えられ、あとは上記のとおり。

たとえ先生に聞いたとしても、税の作文の結果については教えてくれないでしょう。

あなたの知らないところで、客観的な学校の評価が伝えられているんですから。

税の作文が返却されないのは「パクリ防止」のため

ちなみに、提出された作品は基本的に返却されない理由の1つは、「既存の作品からのパクリ防止」の意味もあります。

入賞した作品からコピペされているのを見破るのは簡単ですが、それすらしていない作品からだと、さすがにパクリを見抜くことは不可能です。

中には兄・姉の作品をそのまま使って提出するような人もいますから、これを防止するために回収しているんですよね。

また、バツって何なんだろう……?と疑問に思うことで、ネットや学校で話題にさせることを防ぐためでもあります。

クラスで5人くらいバツの人がいれば、それだけ学校の信頼も落ちてしまいますから、なるべく表には出さないようにしているんです。

税の作文のパクリはバレるよって話

税の作文をパクったらこういうことになるよ!という内容をまとめていきました。

要は

税の作文をパクっても良いことないから、テキトーでも自分で書くようにしよう

ってことです。

添削前に「このYahoo!知恵袋とかサイトからパクってくる人が多いから注意してくださいね~」と、事前に注意されるくらいですから。

盗作は、原稿用紙の右下にある採点ボックスに「×」と記載されてしまい、学校の内申点や将来の進路に「マイナスな影響」が出てくることが確実となる行為。

ネットでも本でも、どこかからパクったことを後悔しながら生きるしかありません。

進学先や受験などを真剣に考えているなら、注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!