新作が数多く出てくるアメリカのコメディ映画。

最近になって発表されたものの中で、これは絶対にハズレない!と感じた作品について紹介していきました!

洋画で笑いたい方、必見です。

スポンサーリンク

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング10位

「ソーセージ・パーティー」

この作品を一言で表すと
ソーセージとパン、彼らの運命に逆らう闘いがここからはじまる!

食べ物を擬人化した、いろいろと露骨なコメディ映画です。

「残さず食べるのが、食べ物のため」と言いますが、食材たちが、現実を目の当たりにするわけです。皮をむかれ、ミキサーで粉々になる現実を。

そして自覚するわけです「食べられたくない!」と主人公の食材たちがw

ストーリーはしっかりしているので、何も考えないで笑いたければオススメです。

この作品の描写はアレですけど、作品を手がけている2人の監督が作っている他の映画は、至って普通。

グレッグ・ティアナンは「劇場版きかんしゃトーマス」、コンラッド・ヴァーノンは「シュレック2」「マダガスカル3」など、親子向け映画を作っているのです。

この二人がなんで監督してるんだろ?って思うような内容となっています。

頭柔らかくして、気の合う仲間で放課後のノリで作ったような映画を楽しんでみては。

映画情報
出演者:アリステア・エイベル、アイリス・アパトー、シュガー・リン・ビアード、マイケル・セラ、イアン・ジェームズ・コーレットほか
上映時間:89分
公開日:2016年
ジャンル:コメディ
監督:グレッグ・ティアナン、コンラッド・ヴァーノン

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング9位

「アメリカン・パイパイパイ! 完結編 俺たちの同騒会」

この作品を一言で表すと
1999年からスタートした人気「アメパイ」シリーズの完結編

シリーズ1作目では高校生だった主人公たちが、30代半ば。

妻子ある身になったり、芸能人になったり、放浪生活をおくったりする者などそれぞれの事情を抱えつつ、同窓会のために故郷に集まるお話です。

「アメパイ」を通して歳を重ねた、俳優陣が圧倒的に良いですね。

本当の人生と、役としての人生とがにじみ出ていて感慨深いです。

かつての気持ちを取り戻していく姿は素敵です。それでもしっかり笑えるところがあるんですけど。

「アメパイ」全作通して感じるのは、愛すべきおバカたち最高!ということ。

キャストの誰か1人でも欠けたら、この映画の魅力はなかっただろうなと思います。

この作品をきっかけに、シリーズでご覧になるとより楽しめますね。

映画情報
出演者:ジェイソン・ビッグス、アリソン・ハニガン、クリス・クライン、
トーマス・イアン・ニコラス、タラ・リード、ショーン・ウィリアム・スコット、ミーナ・スヴァーリ、エディ・ケイ・トーマス、ジェニファー・クーリッジ、ユージン・レヴィ
上映時間:113分
公開日:2013年
ジャンル:コメディ
監督:ジョン・ハーウィッツ、ヘイデン・シュロスバーグ

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング8位

「ピザボーイ 史上最凶のご注文」

この作品を一言で表すと
即席強盗コンビ結成で計画をやり遂げろ!

主人公は、配達リミット30分をいつも遅れてしまうダメなピザ配達人。

オーダーが入ったのは、銀行強盗を企てる二人組から。ピザを届けたが、二人組の計画に巻き込まれていくというストーリーです。

登場するキャラクター、セリフ、状況、どれもコレも最高で、センスがあふれ出ています。とにかく笑えるw

監督のルーベン・フラッシャーは、傑作笑えるゾンビ映画「ゾンビランド」の監督。主演のジェシー・アイゼンバーグもゾンビランドで主演。

再びタッグを組んだこの映画が笑えないワケがありません。

カーチェイス、爆破などなど、ルーベン・フラッシャーのセンスが随所で爆発した傑作だと思います。「ピッツァボーイ!」言いたくなりますよ。

映画情報
主演:ジェシー・アイゼンバーグ
出演者:アジス・アンサリ、ニック・スウォードソン、マイケル・ペーニャ
上映時間:82分
公開日:2012年
ジャンル:コメディ
監督:ルーベン・フライシャー

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング7位

「ママたちのパーティーナイト」

この作品を一言で表すと
ストレス発散のためのディナーでトラブル連発コメディ!

夫婦仲や子育て、いろいろと日頃から悩み多きママたちが集まり、日頃のストレスを発散するためにディナーへ。

そこで開催された「ママ友会」で、思わぬトラブルが連発するというお話です。

4人のママがメインでストーリーは進むのですが、このキャラクター設定が絶妙で笑っちゃうんですよね。

キャラクターを説明しちゃうと、もったいないぐらい粒ぞろい。

ぜひ映画を観てキャラクターいじりしてください。

コメディ映画ではありますが、夫婦仲や子育てについて、考えさせてくれる映画でもあります。笑ってじんわりしたい方におすすめです。

映画情報
出演者:ケイティ・アセルトン、トニ・コレット、ハート・デントン、
ジェラルド・デューイ
上映時間:89分
公開日:2017年
ジャンル:コメディ
監督:アリシア・ジョーンズ
スポンサーリンク

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング6位

「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」

この作品を一言で表すと
出演者豪華!ハチャメチャ、ドタバタ西部劇コメディ!

1882年の西部開拓時代のアリゾナ。

タフ自慢、無法者、低モラルな民衆であふれる町で暮らす、地味なオタクな羊飼いが主人公の西部劇コメディ作品です。

突如現れるミステリアスな美女ガンウーマンと恋に落ち、すると突如大悪党がやってくる……たしかに西部劇なんですよ、ストーリーは。

でもただの西部劇じゃありません。

監督はセス・マクファーレン。あの「TED・テッド」を手がけた人が、脚本から製作、主演の全てを行っています。

見どころは他にもありまして、

・西部劇でコメディ&シャーリーズ・セロン
・西部劇で下ネタでブラックユーモア&豪華スター

など、「監督は西部劇をどうにかして絡めたいんだろうなぁ……」という思惑も垣間見ることができます。

間違いなく笑えますし、出演者探しがたのしい映画でもありますね。

映画情報
出演者:アマンダ・セイフライド、リーアム・ニーソン、シャーリーズ・セロン、セス・マクファーレン、ジョヴァンニ・リビシ、ニール・パトリック・ハリス、サラ・シルヴァーマン、クリストファー・ロイド、ウェス・ステューディ、エヴァン・ジョーンズ
上映時間:116分
公開日:2014年
ジャンル:コメディ
監督:セス・マクファーレン

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング5位

「クレイジーパーティー」

この作品を一言で表すと
パーティーで会社を建て直せ!社運をかけたパーティーコメディ

コメディ映画の醍醐味に、豪華キャスト!というのがありますよね。

主演を張るレベルの豪華俳優たちが、全力でふざける内容となっているところが醍醐味の作品です。

笑わせるポイントやシュチュエーションが、実にアメリカンでクール。
馬鹿騒ぎの度合いがハンパなくデカいw だから笑っちゃうんです。

パーティーで流れる楽曲のカッコ良さも惹かれます。サントラ欲しくなります。

「散々悪ふざけしても、ラストはいい話」

実にアメリカンなクリスマスパーティコメディ、パーティー嫌いな方もぜひ。

映画情報
主演:ジェニファー・アニストン
出演者:ジェイソン・ベイトマン、オリヴィア・マン、T・J・ミラー、
ジリアン・ベル、コートニー・B・ヴァンス、ケイト・マッキノン
上映時間:105分
公開日:2016年
ジャンル:コメディ
監督:ジョシュ・ゴードン、ウィル・スペック

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング4位

「スイス・アーミー・マン」

この作品を一言で表すと
遺体と友情を育み、生きる希望を見出していくコメディ(?)映画

無人島で助けを待つ青年。救出がないことに、絶望し自らの命を絶とうとした瞬間、遺体が波打ち際に打ち寄せる……一風変わったコメディ映画です。

新感覚、哲学的で思考的、そしてどことなく下品(笑)な内容も織り交ぜてあるのがいいですね。

注目すべきなのは遺体として波打ち際にやってくる役の人物で、その正体はハリーポッターのダニエル・ラドクリフ。

ハリーポッターからの脱却に苦しんでいるんでしょうか?それでも、なかなかハマっていたように感じますが。

監督の二人は通称ダニエルズと呼ばれています。

MV出身で数々のミュージックアワードで受賞し、ショートフィルムの制作もこなし、編集やVFXなども行う多才な映像作家コンビなんです。

この映画の鑑賞直後、感想を言い合いたい作品。

鑑賞後の摩訶不思議な感覚をぜひ。

映画情報
主演:ダニエル・ラドクリフ
出演者:ポール・ダノ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド
上映時間:97分
公開日:2017年
ジャンル:コメディ
監督:ダン・クワン、ダニエル・シャイナート
スポンサーリンク

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング3位

「なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間」

この作品を一言で表すと
生きるとはなにか? 青年の成長をコメディタッチで描いた作品

生きる意味を見いだせなくなった青年が、自ら精神科へと向かい、精神病棟の予想を超えた状況に驚く。

病棟の人々とのふれあいの中で、生きる意味を見出していく青年の姿を描いた作品です。

上記の内容だと「これってコメディ映画?」と思われるかもしれませんが、コメディ映画の持つ側面をしっかりと使い、丁寧な手法で作られた笑える内容になっています。

つらい現実をコミカルに演じたキャスト、演出は素晴らしいの一言です。

内容だけ聞けば、雰囲気は暗く重い、そう感じますが、この映画は、むしろ明るく仕上がっているのがスゴイところ。

ほんわかした気持ちになるコメディ映画です。

映画情報
主演:キーア・ギルクリスト
出演者:エマ・ロバーツ、ヴォオラ・デイヴィス、ローレン・グレアム
上映時間:102分
公開日:2011年
ジャンル:コメディ
監督:ライアン・フレック

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング2位

「俺たちポップスター」

この作品を一言で表すと
ポップスターの栄枯盛衰をドキュメンタリーで追った全く”嘘”の話

この作品は、映画業界、音楽業界、エンタメ業界を完全に手玉に取った、完全な嘘を壮大なドキュメンタリーを装ったコメディ映画です。

とにかくプロットがスゴい。本気で信じてしまうほど、嘘の規模がデカいw

カメオ出演者は、ありとあらゆるジャンルの本物ですし、会話内容も時系列が合っていて、壮大です。

かかる楽曲も素晴らしいの一言ですね。

似たり寄ったりなコメディに新たな旋風を巻き起こした作品と言っても、過言ではありません。

映画情報
主演:イモージェン・プーツ
出演者:アンディ・サムバーグ、アイク・バービグリア、サラ・シルヴァーマン、ヨーマ・タコンヌ、ティム・メドウス、ジェームズ・バックリー
上映時間:86分
公開日:2017年
ジャンル:コメディ
監督:アキヴァ・シェイファー

アメリカ映画のおすすめ人気ランキング1位

「バッドママ」

この作品を一言で表すと
「社会的要素」あり「感動要素」ありの最高級コメディ映画

頼りにならない夫を抱え、仕事と子どもの世話に終われ疲労困憊の主人公。

母親業の大変さについにブチ切れ、自分同様うんざり気味な母親2人と羽目を外すが……

とにかく1時間40分笑いっぱなしです。

家庭、学校、職場どのシュチュエーションでもすべてが笑っちゃうんです。

セリフ、会話、起こることすべてが「あるある」なのに、期待の数倍返しで笑いに変換されていますよ。

劇中で流れる音楽も最高です。

有名な曲の使用が多いのですが、その曲の流れるタイミングとテンション。ぴったりすぎて没入感がスゴくて、テンションが上りますよ。

落ち込んでる時にはオススメです。必ず笑えますからw

ここ数年で公開されたアメリカコメディ映画の中では、ダントツにおすすめできる作品だと断言できます。

映画情報
主演:ミラ・クニス
出演者:クリステン・ベル、キャスリン・ハーン、
ジェイダ・ピンケット=スミス、クリスティナ・アップルゲイト、ケシャ、
上映時間:101分
公開日:2016年
ジャンル:コメディ
監督:ジョン・ルーカス、スコット・ムーア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中の人のつぶやき

こちらもチェック!